大会・イベント情報2013“クリテ&日本初の体重別ヒルクライム”はココを走る! 「あだたらチャリンコ2days」がコース映像を公開

  • 一覧

 福島県二本松市の岳(だけ)温泉周辺で8月3、4日に開催される自転車レース「あだたらチャリンコ2days」のコース映像が公開された。初日の「岳温泉クリテリウム」は、交通規制した国道を折り返す走りやすいコース。また、日本初の体重別カテゴリで争われる「あだたら高原ヒルクライム」では、32分に及ぶ映像でコース全域が紹介されている。

8月3、4日開催「あだたらチャリンコ2days」の詳細記事
 

岳温泉クリテリウム(8月3日 14時~18時)

 二本松市岳温泉メイン通りから100mほど離れた国道459号線を交通規制し、1周1.6kmのコースが設けられる。クリテリウムというと平坦のイメージだが、このコースは完全な平坦ではなく勾配が2%弱の緩い登りと下りを繰り返す。このため、次第に疲労が蓄積され、スプリントが得意な選手がゴール前で伸びない可能性も。早めに仕掛けて逃切る戦術が必要かも知れない。

 コースの両側には歩道があり、応援・観戦者はそこから40km/h超のスピードを間近に体感できる。レース参加者は走り終えた後に温泉へ直行し、翌日のヒルクライムへ疲れを残さないようケア出来るのも嬉しい。

 

温泉神社ママチャリタイムアタック(8月3日 20時~21時30分)

 大会初日の夜に、アトラクションとして、岳温泉のメインストリート(ヒマラヤ大通り)を温泉神社まで駆け上がるレースが開催される。当初は2日間参加する選手のみの特典とされたが、主催者の岳温泉観光協会が「どなたでも楽しめるように」と配慮し、制限がなくなった。参加費は無料。男性の部、女性の部、親子ペアの部と3カテゴリが設けられる。車種規定はなく、内装・外装ギヤの有無も不問。また、ママチャリを持参するのが困難でも、大会事務局側で一般的なママチャリが2台用意されるので、気軽に参加できる。

 大会を主管する「Link TOHOKU」(リンク東北)は、スポーツバイクの普及において、気軽に競走を楽しめるママチャリレースが欠かせないと考えており、今後もスポーツバイクを持たないビギナーが参加できる「ママチャリ種目」を増やしていく方針という。

 

あだたら高原ヒルクライム(8月4日 9時~10時)

 「体重が重いからヒルクライムはちょっと…」「同じ体重域ならオレが一番!」と思っていたサイクリストは、日本初の体重別ヒルクライムに挑戦してほしい。カテゴリは、50-59kg(50kg以下も含む)、60-69kg、70-79kg、80-89kg、90kg以上の5つ。距離は5.5kmと短いが、コース序盤から勾配がキツく難易度が高い部分が随所に現れ、走り応えは充分だ。ロードバイクでの参加が基本だが、クロスバイクやママチャリで走りたい場合、事務局に申請して車体審査に問題がなければ参加が認められる。

 入賞者のみレース後に計量が行なわれる。その際、体重計の個体差やレースでの発汗量などを勘案し、1kg程度の誤差は認められるという。また、2~3kgなど大幅な超過となった場合は「残念賞」が贈られる。さらに、完走者を対象に「最高体重賞」と「最低体重賞」も設けれるので、可能性があると思う人は挑戦してみては?

 Link TOHOKUでは、今回の結果を基に、BMI・体脂肪率別、出力比(w/kg)別などのレースも展開していく考えという。

◇           ◇

 参加費は2日間8000円(単日4500円)。2日間通しの総合表彰では、入賞者らに温泉宿泊券などが進呈される。

■「あだたらチャリンコ2days」概要
 
【8月3日 岳温泉クリテリウム】
<コース> 1周1.6km 岳温泉メイン通り側国道459号線上(交通規制有)14時~18時実施
<カテゴリ>(1)男性初級/6周 (2)男性中級/8周 (3)男性上級/10周 (4)女性/5周 (5)小学生4-6/5周 (6)小学生1-3/1周 (7)ママチャリ/3周
 
【8月3日 ママチャリタイムアタック】
<コース> 400m 岳温泉観光協会→温泉神社への緩い登り 20時~21時30分
<カテゴリ>男性、女性、親子の部
 
【8月4日 あだたら高原ヒルクライム】 ※男性は日本初の体重別ヒルクライム
<コース> 5.5km 平均勾配8% 9時~10時
<カテゴリ>(1)50-59kg (2)60-69kg (3)70-79kg (4)80-89kg (5)90kg以上 (6)女性 (7)小学生 ※体重別入賞者は計量を実施し、違反した場合は降格
 
<大会要項> あだたらチャリンコ2days(PDF)
<参加申し込み> 受付中(7月15日締切予定)JTBスポーツステーション
 ※E-mail( info@link-tohoku.com )またはFAX(020-4663-4325)に必要事項を記載の上、郵便振替等でのエントリも可

リンク: 「あだたらチャリンコ2days」情報ページ(Link TOHOKU ウェブサイト)


この記事のタグ

イベント ヒルクライム

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載