ロゴマークを一新 パワー算出心拍計も「パワータップ」ブランドがサイクルオプスから独立 パワーメーターの研究開発に注力

  • 一覧
PowerTap G3を搭載したスマート・エンヴィ・システム(SES)のホイールセットPowerTap G3を搭載したスマート・エンヴィ・システム(SES)のホイールセット

 サイクルオプスを傘下に収めるサリス・サイクリング・グループは6月3日、これまでサイクルオプスのブランドで販売されていたパワーメーターの代名詞的存在である「パワータップ」を、パワーメーターを中心とした新たなブランドとして独立させることを明らかにした。

新ブランドに合わせてロゴマークも一新された新ブランドに合わせてロゴマークも一新された

 これからは「パワータップ」ブランドのもと、より多くの資金と人員投資を行い、パワーメーター関連製品の研究開発により一層の力を注いでいくという。新ブランドで展開する製品は、ブランド名の由来でもあるパワー計測ハブをはじめ、完組ホイール、パワー算出心拍計「パワーキャル」、サイクルコンピュータや、その他パワー計測に関わるアクセサリー類となる。

 「サイクルオプス」ブランドも継続し、今後はインドアトレーナー(ローラー台)やインドアサイクル(エアロバイク)などの製品開発・生産を担う。パワービーム(パワータップの技術を搭載するインドアトレーナー)など一部の製品では、パワータップと共同研究を続けるという。


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

パワータップ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載