スマートフォン版はこちら

バイクインプレッション2013「MASI GRAN CRITERIUM」 色褪せることのないクロモリの魅力が感じられる1台

  • 一覧

 多くのチャンピオンや名選手たちが駆けた歴史あるイタリアのブランド、マジィ。変化し続ける素材やデザインのなか、変わらないライダーとバイクの関係を大切にし、伝統と新しい歴史を作り続けている。パフォーマンス系のロードバイクや、シングルギヤバイク、ミニベロなどを車種豊富に取り揃えているが、今回はレトロなクロモリロード、グランクリテリウムに試乗した。

「MASI GRAN CRITERIUM」(マジィ グランクリテリウム)
「MASI GRAN CRITERIUM」(マジィ グランクリテリウム)

MASI GRAN CRITERIUM(マジィ グランクリテリウム)

価格:241,500円(完成車)
   99,750円(フレームセット)
サイズ:49、51、53、56
カラー:グリーン×シルバー
問い合わせ先:東商会 http://www.eastwood.co.jp/

 

スペック

フレーム:レイノルズ 525 ラグド ダブルバテッド クロモリ
フォーク:マジィ ラグド クロモリ
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ: FSA・ゴッサマプロ 50×34T、11-28T(10速)
ホイール:シマノ・RS10
重量:N/A

ヘッドチューブ内側には携帯用ポンプを取り付けるペグがある
ヘッドチューブ内側には携帯用ポンプを取り付けるペグがある
ラグで処理されたフォークの肩にはマジィのブランドマークが刻印されているラグで処理されたフォークの肩にはマジィのブランドマークが刻印されている
シートステーをつなぐフィンのようなブリッジがスタイリッシュなBBのラグシートステーをつなぐフィンのようなブリッジがスタイリッシュなBBのラグ

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中

米山 マジィはクロモリバイクのブランドとして認知度は高いし、クラシックなスタイルだけど、どこか新しさも感じられる。

松尾 シマノ・105の完成車でこの値段なら、クロモリも1台欲しいと思っている人にはお手頃です。グランクリテリウムは最新コンポを搭載しても、スッキリと仕上げられていました。

米山 フレーム販売もあるから、カンパで組んでもいいね。さて、乗ってみてどうだった?

松尾修作 バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ松尾修作
バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ

松尾 フレームはレイノルズのチューブを使用していましたが、乗り味はゆったりでしね。“急”という言葉が似合わないバイクでした。

米山 そうだよね。これまでのクロモリのイメージそのままの乗り味だった。乗り心地が良くて、安定性も十分で、乗りやすくはあったよ。

松尾 ええ、安定性は高いですね。高剛性ではないですが、でもバネ感が強くて芯もしっかりしていました。“クリテリウム”の名だけど、トップスピードや速度の強弱を繰り返すよりは、ツーリング系に向いています。

米山 うん、加速は若干もたつく感じがあった。でもスピードに乗ってからは快適だったよ。乗り心地はいいから河川敷を流したり、海沿いから少し山に入ってみたり、休日ライドには良いお供だね。

松尾 上りではさすがに重たさが目立っていましたけど、それも楽しめるツーリングがいいですね。

米山 完成車はコンパクトクランクに11−28Tだから、良いアッセンブルだよ。

松尾 それに、アルミとも違う乗り味ですから、今では新鮮に感じられるし、ゆったりと味わい深く楽しめます。

米山 伝統的なスタイルのフレームだけど、パーツやカラーリングは現代的なので、そのギャップもおもしろい。カラーはこのグリーンのみだけど、ツートンカラーがかっこいいね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション マジィ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載