駐輪場を市内330カ所に設置米ニューヨークで6千台の自転車シェア「シティバイク」始動 1日10ドル、観光にもひと役

  • 一覧
5月27日、米ニューヨークの国連本部前で、「シティバイク」で借りた自転車に乗る男性(共同)5月27日、米ニューヨークの国連本部前で、「シティバイク」で借りた自転車に乗る男性(共同)

 米ニューヨークで5月27日、市民らが計6千台の自転車を共用する「バイクシェア」がスタートした。市内330カ所の駐輪場で自由に自転車を借り、どこの駐輪場でも返却が可能。来月2日からは1日単位の利用も可能となり、ニューヨーク観光の新たな足として活躍しそうだ。

 年会員は95ドル(約9600円)、1日限りの利用者は9.95ドル支払えばそれぞれ45分、30分ずつなら何度でも借りられ、それより長い時間使うと追加料金が30分ごとに加算される。小まめに借りて返却すれば少ない負担ですむ仕組み。

 スポンサーの米大手銀行シティバンクにちなみ「シティバイク」と命名された。ニューヨーク市も全面的に協力したが、補助金は出していない。(共同)

MSN産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載