title banner

西加南子の“勝手に”サイクルカフェ紀行<6>週末はサイクリストが集まる筑波山へ サンドイッチとコーヒーを買って公園でのんびりランチ

  • 一覧

バラエティ豊かな筑波山周辺の自転車コース

 私がメイントレーニングコースとしている江戸川サイクリングロードは、延々と続く平地。夏は容赦無い日差しにさらされ、冬は強風と戦い続けるという特徴があり、工夫次第でトレーニングができる厳しいコース。しかし、時々アップダウンコースに行きたくなります。

洞峰公園の芝生でコーヒーとサンドイッチタイム=つくば市二の宮洞峰公園の芝生でコーヒーとサンドイッチタイム=つくば市二の宮

 私が住んでいる千葉県は、房総半島まで行けばアップダウンコースがありますが、自宅からアクセスしやすい山というのが茨城県にある標高877mの筑波山なのです。週末にはたくさんのサイクリストが集う練習の“メッカ”で、筑波山のアップダウンコースでトレーニングに邁進する人もいれば、廃線路を利用した自転車道「りんりんロード」でサイクリングを楽しむグループも見かけます。

 私が筑波に行くワケは、自転車以外の楽しみ――おいしい食事処やカフェが多くあるという点にもあります。筑波山近くの筑波研究学園都市には土地柄、研究者や学生など海外の方が多く、様々な国の料理を食べることができます。パン屋やカフェも多く、自転車に乗った後にどこへ寄ろうかとても楽しみにしているのです。

 筑波の学園都市内には大きい公園が幾つかあります。天気の良い日には、お気に入りのお店で買ったものを公園でくつろぎながら食べるのがおすすめコースです。

芝で味わうボリューム満点のサンドイッチと淹れたてコーヒー

「モルゲン」の前ではすでに何を食べようか頭の中がグルグル「モルゲン」の前ではすでに何を食べようか頭の中がグルグル

 私のお気に入りは、パンを「MORGEN」(モルゲン)で調達した足で「COFFEE FACTORY」(コーヒーファクトリー)のコーヒーを買って、洞峰(どうほう)公園に出かけるコース。

 モルゲンは、筑波では老舗のドイツ系パン屋さん。店内はいつもお客さんで溢れかえっています。ハード系のパンから総菜パンまで揃う中で、なんといってもイチオシはサンドイッチ類です。どれを食べようか悩んでしまうほどの種類の中から今回選んだのは「バッカーサンド」(350円)。パンはもちろん、ハムやチーズ、ポテト、卵、チキンといった具材がどれもおいしいのです。

 もう1つ選んだのは、「くるみあんぱん」(136円)。甘み控えめな餡の中にゴロゴロ入っているクルミが香ばしく、絶妙な組み合わせです。

お気に入りのくるみあんぱんお気に入りのくるみあんぱん
サンドイッチの種類も豊富でどれもおいしい。全部食べたい…サンドイッチの種類も豊富でどれもおいしい。全部食べたい…

 売り場から見える作業場は、いつ行ってもとても活気にあふれています。この日もオーナーの菊池満さんと多くの職人さんたちが次から次へとパンを作っていました。売り場のスタッフも忙しくてもいつも明るく元気で、訪れるだけで気分がよくなる雰囲気のいいお店です。

自転車ラックが見通せる店内でひと休憩自転車ラックが見通せる店内でひと休憩

 モルゲンと同じ並びには自家焙煎コーヒーの店「コーヒーファクトリー」があります。店の外にまでコーヒーのいい香りが漂っています。

 店舗の外壁には自転車を掛けるラックが8台分。お話しを聞くと、オーナーの古橋伯章さんご自身も自転車が趣味ということで、私との共通の知り合いがいてビックリ!

 テイクアウトが可能ですので、本日のコーヒー「ニカラグア」(店内300円、テイクアウト250円)を注文して待つことにしました。お店には、オーナー以外に女性バリスタが4人おり、ラテアートも得意とのこと。コーヒーを淹れていただく間にカプチーノ(店内300円、テイクアウト250円)もいただきました。ラテアートの繊細な模様は飲むのを躊躇してしまうほど美しい…しっかり飲みましたが(笑)

焙煎機の前で古橋オーナーと焙煎機の前で古橋オーナーと
繊細な模様が美しいラテアート繊細な模様が美しいラテアート
バッカーサンドはボリュームたっぷりバッカーサンドはボリュームたっぷり

 パンとコーヒーが揃ったところで、すぐ裏にある洞峰公園へ移動。公園には、大きな池と広々とした芝生の広場があって、その周りはランニングコースやサイクリングコースがあります。パン屋とコーヒー屋の近くに広々した公園とは、なんていいロケーションなのでしょう!

 木陰のある芝生の上で景色を楽しみながらコーヒーを飲むと、ほどよい酸味と香りが口に心地よく広がっていきます。公園で“勝手に”サイクルカフェですね。

 食べ終わった後は、芝生の上でゴロゴロ。木漏れ日の下、まさに至福の時です。芝がジャージを突き抜けてちょっとチクチクしますが、まあよしとしましょう。

食後は…芝生にごろっと食後は…芝生にごろっと

焼きたてパン「MORGEN」(モルゲン)
所在地: 茨城県つくば市千現2-13-2
TEL: 029-852-5775
営業時間: 8:30~18:30
定休日: 木曜日・第2日曜日・最終水曜日
 
自家焙煎「COFFEE FACTORY」(コーヒーファクトリー)
所在地: 茨城県つくば市千現2-13-1
TEL/FAX: 029-851-2039/029-856-2047
営業時間: 8:30~18:30
定休日: 木曜日
ホームページ: http://www.coffeefactory.jp/

文・写真 西加南子

西加南子西加南子(にし・かなこ)
日本大学短期大学在学中、トライアスロンを始める。1994年、サイクルショップ「ズノウイースト」(千葉県船橋市)にて本格的に自転車ロードレースを開始。8年間「チーム ラバネロ」に所属し、2010年からは自身のチーム「Luminaria」を運営・活動する。座右の銘は「女は年齢じゃない、肌と筋肉だ!」、自他共に認めるカフェ好き。千葉県在住。ブログURL(http://www.kanakonishi.com/)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

グルメ サイクルカフェ紀行

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載