西宮署がキャンペーン自転車の無料点検を駅前で実施 反射材を配布して自転車事故防止を呼びかけ

  • 一覧
自転車利用者に反射材の付け方を教える西宮署員=5月22日午前、兵庫県西宮市(猿渡友希撮影)自転車利用者に反射材の付け方を教える西宮署員=5月22日午前、兵庫県西宮市(猿渡友希撮影)

 交通マナーの向上や自転車による夜間帯の交通事故を防止しようと、兵庫県の西宮署は5月22日、JR西宮駅前で自転車の無料点検や反射材を配るなどし、市民らに交通安全を呼びかけた。

 同署員や西宮交通安全協会のメンバーら38人が参加。自転車利用者らに、反射材など600セット配布。反射材の取り付け方を教えたり、自転車のチェーンの点検などを行った。

 近くに住む無職、中島正夫さん(77)は「毎日自転車に乗る。夜は特に見えにくく、危険を感じることがあり、気をつけたい」と話していた。

 同署管内では今年4月末までに自転車の関係する交通事故が167件発生している。

産経新聞・大阪版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載