事故が続けばイメージダウン…安全第一で決断日本一長い大阪・天神橋筋商店街が自転車禁止へ 府警は「まず時間帯規制から検討」

  • 一覧
商店街の中で買い物客の間を縫うように通行する自転車 =大阪市北区天神橋(頼光和弘撮影)商店街の中で買い物客の間を縫うように通行する自転車 =大阪市北区天神橋(頼光和弘撮影)

 日本一長い商店街として知られる大阪市北区の天神橋筋商店街の大半で自転車の通行が規制される見通しになった。道幅の狭い天神橋四~六丁目商店街はすでに自転車の通行が禁止されているが、一~三丁目は規制がなかった。先月、二丁目で自転車同士が衝突する重傷事故が発生したため、天神橋筋商店連合会が協議した結果、二~三丁目で自転車を規制するよう、近く大阪府警天満署に陳情することを決めたという。同署は「時間帯規制から検討したい」としている。

 同商店街は南北の市道約2.6キロに、雑貨や飲食店など約600の商店が並んでいる。一~七丁目に分かれ、大阪では最も活況を呈している商店街だ。

 大阪府警によると、JR天満駅高架下から北側に伸びる四~六丁目は道路幅が約5~6メートルと狭く危険だとして、大阪府公安委員会が昭和47年から午前7時~午後10時の自転車通行を禁止している。一方、一~三、七丁目は道幅が約7~8メートルと比較的広いため規制はされていない。

 しかし、同連合会が随時行っている買い物客アンケートには、「自転車とぶつかりそうで怖い」との内容が多いため、三丁目商店街は3月、「危ない 自転車は押して通りましょう」と書かれた標識を9個設置。他の商店街も事故防止を呼びかけていたが、4月10日深夜に自転車同士の重傷事故が起きたという。

 これを受けて、同連合会が安全策などを協議。まず、自転車事故が起きた二丁目と三丁目の計約750メートルで通行を規制するよう天満署に陳情し、最終的には一丁目(約270メートル)も規制を目指す方針を決めた。アーケードのない七丁目は今後検討する。

 同連合会の土居年樹会長(76)は「お客さんが減るという反対意見もあったが、安全第一で決断した。もし事故が続けば天神橋筋商店街のイメージダウンになる」と話している。

 天満署は陳情を受け次第、規制内容を検討し、府公安委員会にはかる予定。同署幹部は「すぐに通行禁止にすると買い物客の反発があるかもしれない」としつつ、「商店街としての決定事項なら、まずは時間帯規制から検討していきたい」としている。

歩行者の安全確保 全国の商店街で広がる

 商店街での自転車事故をなくそうと、自転車専用レーンの設置や時間帯規制を行うといった取り組みは全国でも広がっている。

 香川県高松市の高松丸亀町商店街では平成18年、道路幅を8メートルから11メートルに拡幅し、中央の幅約3メートルを自転車専用レーンにした。それでも、買い物客から「自転車が通ると危ない」との要望が多かったという。

 このため、商店街側が香川県警に規制を要請。24年7月から全面通行禁止になった。同商店街振興組合の川野洋事務局長は「規制後も商店街の活気は変わらない」と効果を実感する。

 東京都品川区の中延(なかのぶ)商店街は、買い物客の多い時間帯で自転車通行を禁止。月~土曜日の午後2時~8時、日曜・祝日の午前10時~午後8時を歩行者専用道路にしている。

 全国商店街振興組合連合会(東京)の担当者は「正式な統計はないが、商店街での自転車事故は多い。通行規制が一番の対策になるはずだ」と話す。

 警察庁によると、平成24年の自転車関連事故は約13万2千件で、交通事故全体の約2割を占める。自転車と歩行者の事故は2625件で10年前から約3割増加、自転車同士の事故も約1割増えている。

MSN産経ニュースwestより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載