バイクインプレッション2013「GARNEAU GENNIX R1」 高剛性で納得のレース性能を発揮するフラッグシップモデル

  • 一覧

 ハイセンスなカジュアルバイクから、レーシングバイクまで多彩に揃うブランド、ルイガノ。ピュアスポーツブランドとして分類されている「ガノー」の頂点に君臨するフレームが今回試乗した「GENNIX R1」だ。通常のカーボンの約2倍の強度をもつというウルトラハイモジュラスカーボンを応力の掛かる部分に使用することで、少ない材料で求められる最適な強度を保ちながら、軽さをも追求できる。

「GARNEAU GENNIX R1」(ガノー ジェニックスR1)「GARNEAU GENNIX R1」(ガノー ジェニックスR1)

GARNEAU GENNIX R1(ガノー ジェニックスR1)
価格:493,500円(シマノ・アルテグラDi2仕様) 
サイズ:460mm, 490mm, 510mm (C-T)
カラー:BLACK ON BLACK
問い合わせ先:アキ・コーポレーション http://www.louisgarneausports.com

 

スペック

フレーム:GARNEAU GENNIX R1, UHM CARBON WITH EXO-NERV TECHNOLOGY
フォーク:GARNEAU UNI-T OS MONOCOQUE CARBON 1 1/8”-1 1/2”
変速機:シマノ・アルテグラDi2(F)&(R)
ギヤ: シマノ・アルテグラ 50×34T、11-25T(10速)
ホイール: シマノ・WH-9000-C24-CP
重量:N/A

独自のExo-Nervテクノロジーで、フレームに掛かる力を平均化させて、ペダリングパワーを有効的にバイクの推進力へと変換する独自のExo-Nervテクノロジーで、フレームに掛かる力を平均化させて、ペダリングパワーを有効的にバイクの推進力へと変換する
メリハリのある特徴的なヘッドチューブ。フレームは応力解析から得たデータをもとに、カーボン素材を使い分けているというメリハリのある特徴的なヘッドチューブ。フレームは応力解析から得たデータをもとに、カーボン素材を使い分けているという
プレスフィットBBを採用したボリュームのある作りが、優れた加速性能を実現プレスフィットBBを採用したボリュームのある作りが、優れた加速性能を実現


インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中
松尾修作 バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ松尾修作
バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ

松尾 アルテグラDi2を装備した設定は、もう当たり前になってきていますね。このバイクもフレーム販売、それからデュラエース仕様、そしてこの電動仕様があります。

米山 フルカーボンフレームのGENNIX RIは、ルイガノのロードバイクの最上位モデルだね。軽量性、走行性能、振動吸収性を高次元にバランスさせた、レース志向のモデルということだけど、乗ってみてどうだった?

松尾 踏み切れないほどではないけど、剛性は高いほうでしたね。ねじれにも強かったと思います。入力に対して反応がよく、前に前にと出て行くフィーリングが良かったです。

米山 そうだね。剛性は高く、しっかりしていたね。レース向けというのには納得で、良いイメージで走れた。加速も思い通りにちゃんと付いてくる。

米山一輝

松尾 ええ、低速から高速域まで加速がスムーズでした。重心は低くて、地面との接地感が捉えやすく、安定性も高かったです。

米山 苦手なところがないよね。クセがなく、良い意味でスタンダードなレーシングマシン。速く走ることを存分に楽しめると思うな。

松尾 重量は極端に軽くはないですが、乗った印象が軽かったので上りの調子も良かったです。下りも良く、不満のないバイクですよ。

米山 今回の試乗車のスペックは抜かりがなくて好印象だな。あとはディープリムが欲しくなるくらいで、これなら存分に楽しめるよね。

松尾修作

松尾 ホイールはデュラエースのC24でしたね。ちなみに、デュラエース仕様の完成車はC35というアッセンブルです。それがしっかりと効いていて、全体のスタビリティを高めるのに貢献していました。

米山 そうか、ホイールは共通じゃないんだね。でもどちらにしてもいいセレクトだと思うな。

松尾 そして、タイヤの選択でまた更に良くなると思いますよ。慣らしである程度乗ったら好スペックですし、バイク全体の印象は洗練されていて、フレームはシートクランプ周辺を見ての通り、細部までこだわりが感じられます。

米山 流れるデザインはカーボンモノコックの良さを生かしているね。 カラーはこの1色のみだけど、価格に対して走りもルックスもとても満足度の高い1台だと思うな。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 和田やずか

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ガノー バイクインプレッション ルイガノ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載