工具はともだち<23>トルク値を目で見て確認 “デジラチェ”を含む3種類の「直読式」トルクレンチ

  • 一覧

 関東では夏日も観測され始めたこのごろ、私のフェイスブックには、週末ともなるといろいろな地域で、自転車を楽しむサイクリストの皆さんの姿がみられます。テレビの海外レース放送なども充実し、インドア、アウトドアの両方で、アクティブな自転車シーズンとなってきたのではないでしょうか。

クルマのボルトは大きいですねクルマのボルトは大きいですね

 私は、前回紹介したシグナル式プレセット型トルクレンチを使用して、愛車のタイヤ交換を実施…といっても自転車ではなくクルマですが。スタッドレスタイヤから夏タイヤに交換するこの作業をするといつも、季節が変わったのだと実感します。

 シグナル式のトルクレンチは、トルク値をあらかじめ設定し、その数値に到達すれば、カチッとした音と振動で認識できるといったシンプルな工具。使いやすいのでとてもポピュラーです。

 一方で難点は、手の感覚で把握をするため、気づかなかった時にはそのまま回し続けていってしまい締付け過ぎとなる可能性があるということ。ボルトが変形して元に戻らなくなる塑性域(そせいいき)に入るような締付けを繰り返していくと、いずれ破断・ねじ切れてしまうといったことになります。

ボルト・ナットの適正締付け範囲と危険な範囲ボルト・ナットの適正締付け範囲と危険な範囲

 大型車のトラックのタイヤが脱輪し事故になったというような、締付け過ぎが原因で起こったクルマの事故は過去に何回かありますね。

 ロードバイクのメンテナンスでも、多くの方がこのプレセット型を使っています。締付け過ぎが原因で走行中にパーツが破損…なんてことにならないよう、再度取扱説明書に基づいた正しい使用方法をご確認ください。

 トルクレンチを大きく分類すると、もうひとつのタイプ、「直読式」があります。直読式のトルクレンチの特徴は、“直読”という字のごとく、トルクを自分の目で確認しながら、確実な締付けを行なうことができるというところです。

 直読式には、ビーム型、ダイヤル型そしてそれらのタイプをデジタル表示できるようにしたデジタル型があります。ビーム型は弓矢型とも呼ばれ、トルクレンチの基礎ともされているタイプです。

直読式ビーム型トルクレンチ直読式ビーム型トルクレンチ
直読式ダイヤル型トルクレンチ直読式ダイヤル型トルクレンチ
直読式デジタル型トルクレンチ直読式デジタル型トルクレンチ

 技術の進歩により、最近ではあまり見かることも少なくなりましたが、私が若いころは、このビーム型のトルクレンチで精巧なエンジンの組付けをするプロの技に憧れたものでした。現在でも、一部の工業専門学校などでは、教材用として利用しているようですね。

ビーム型トルクレンチの使用方法ビーム型トルクレンチの使用方法

小池覚(こいけ・さとる)
KTC(京都機械工具)へ入社後、販売企画や商品開発に携わる。学生時代から二輪、四輪が趣味で、整備経験が豊富。自転車は実は始めたばかりだが、工具のプロとして、サイクリストにも整備の“いろは”を伝えることに燃えている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

KTC メンテナンス 工具はともだち

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載