【¥ドクター】自転車事故の保険は?

  • 一覧

【Q】自転車に乗るとき、保険に入っておく必要はありますか。

【A】自転車の事故で他人にけがを負わせたりした場合、ケースによっては数千万円の賠償を求められることもあるので、それに備える保険に加入しておくと安心です。

 まず考えられるのが、自転車保険です。

 これは、自転車事故で賠償を求められたときに保険金が支払われる賠償責任保険と、自転車に乗る人本人が運転中にけがをしたり死亡したりした場合に保険金が支払われる傷害保険がセットになっているのが一般的です。

 自転車保険は、単独で販売されているものはあまりなく、自動車保険・共済などにオプションで付けることが多かったのですが、最近は、携帯電話やパソコン、コンビニの店頭で加入できる自転車保険が登場しており、気軽に利用できるようになりました。

 自転車の事故をカバーする保険にはこれとは別に、個人賠償責任保険もあります。

 これは、自転車事故に限らず日常生活で誤って他人にけがをさせたり、他人のものを壊したりしたときの賠償責任を補償するものです。

 個人賠償責任保険は、火災保険や傷害保険などにセットされていることが多く、気付かないうちに加入しているケースもよくあります。自転車保険への加入を検討する前に、個人賠償責任保険に入っていないかどうか確認するとよいでしょう。(ファイナンシャル・プランナー 馬養雅子)

=MSN産経ニュースより

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載