ジロ・デ・イタリア2013 第6ステージカヴェンディッシュがステージ2勝目 大本命が混戦スプリントで本領発揮

  • 一覧

 ジロ・デ・イタリアは9日、第6ステージがモラ・ディ・バーリからマルゲリータ・ディ・サヴォイアまでの169kmで行われ、有力スプリンター同士の争いを制したマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、オメガファルマ・クイックステップ)がステージ2勝目を挙げた。総合成績首位のマリア・ローザは、ルーカ・パオリーニ(イタリア、カチューシャ チーム)がキープしている。

ゴールスプリントを制したマーク・カヴェンディッシュゴールスプリントを制したマーク・カヴェンディッシュ
海岸線を行くプロトン海岸線を行くプロトン

 この日は、ほとんど起伏のない平坦ステージで、終盤は16.3kmの周回コースを3周する。前日とは異なり、ピュアスプリンター向けのコース設定といえる。

 レースは序盤から、ジャック・ボブリッジ(オーストラリア、ブランコ プロサイクリングチーム)、キャメロン・ワーフ(オーストラリア、キャノンデール プロサイクリング)の2人が逃げる展開になった。

 メーン集団はオメガファルマ・クイックステップやエフデジなど、エーススプリンターを擁するチームがコントロール。レース中盤のスプリントポイントではエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、キャノンデール プロサイクリング)やカヴェンディッシュが積極的な動きを見せた。

町中は大勢の観客が詰めかけた町中は大勢の観客が詰めかけた
逃げ続けるジャック・ボブリッジとキャメロン・ワーフ逃げ続けるジャック・ボブリッジとキャメロン・ワーフ
ゴールは周回コース。後ろに見えるのはこの町の名産である塩ゴールは周回コース。後ろに見えるのはこの町の名産である塩

 逃げ続ける2人を残り36km地点で吸収したメーン集団は、アタックを防ぐために高速を維持。その後に、アクシデントが発生する。ブラッドリー・ウィギンス(イギリス、スカイ プロサイクリング)がトラブルで後方に下がった直後、集団の中央付近で起こった落車によって、集団が大きく分断。道が塞がれ、後方を走っていた多くの選手がしばらく足止めされてしまった。これには、遅れたウィギンスを含め、アシストするために下がっていったスカイ勢も軒並み置き去りにされてしまう。

 トレインを組んで必死に追い上げたスカイは、残り22km地点でメーン集団に合流し、難を逃れる。前方では各チームがトレインを組んでいるものの、いずれも主導権を握れない。最後の直線に差しかかる頃には、危機回避で集団前方を走っていたウィギンスが先頭に出てしまうほど、スピードが上がりきらない展開になってしまった。

2年前にこのジロで命を落としたウォウテル・ウェイラントがつけていたナンバーを掲げるカヴェンディッシュ2年前にこのジロで命を落としたウォウテル・ウェイラントがつけていたナンバーを掲げるカヴェンディッシュ

 各チームのトレインがほとんど機能しない混沌とした状況の中、残り200m、チームメートに守られたカヴェンディッシュが発射。追いすがってくるヴィヴィアーニ、マシュー・ゴス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)、ナセル・ブアニ(フランス、エフデジ)、マッティーア・ガヴァッツィ(イタリア、アンドローニジョカットリ・ベネズエラ)といったスプリンターたちを寄せ付けずゴールに飛び込んだ。カヴェンディッシュはステージ2勝目に加え、ポイント賞争いでもトップに返り咲いた。総合上位陣に変動はなかった。

 この日は、2011年のジロ第3ステージで落車し命を落としたウォウテル・ウェイラントの命日。カヴェンディッシュは、ウェイラントがつけていたゼッケン「108」を表彰台で掲げた。

(文 平澤尚威/写真 砂田弓弦)

第6ステージ結果
1 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、オメガファルマ・クイックステップ) 3時間56分03秒
2 エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、キャノンデール プロサイクリング) +0秒
3 マシュー・ゴス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)
4 ナセル・ブアニ(フランス、エフデジ)
5 マッティーア・ガヴァッツィ(イタリア、アンドローニジョカットリ・ベネズエラ)
6 マヌエル・ベッレッティ(イタリア、アージェードゥーゼル ラモンディアル)
7 ダヴィデ・アッポロローニオ(イタリア、アージェードゥーゼル ラモンディアル)
8 ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、レイディオシャック・レオパード)
9 マッティ・ブレシェル(デンマーク、チーム サクソ・ティンコフ)
10 ロベルト・フェラーリ(イタリア、ランプレ・メリダ)

個人総合(マリア・ローザ)
1 ルーカ・パオリーニ(イタリア、カチューシャ チーム) 23時間52分42秒
2 リゴベルト・ウラン(コロンビア、スカイ プロサイクリング) +17秒
3 ベニャト・インチャウスティ(スペイン、モビスター チーム) +26秒
4 ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム) +31秒
5 ライダー・ヘシェダル(カナダ、ガーミン・シャープ) +34秒
6 ブラッドリー・ウィギンス(イギリス、スカイ プロサイクリング)
7 ジャンパオロ・カルーゾ(イタリア、カチューシャ チーム) +36秒
8 セルジオルイス・エナオ(コロンビア、スカイ プロサイクリング) +37秒
9 マウロ・サンタンブロージオ(イタリア、ヴィーニファンティーニ・セッレイタリア) +39秒
10 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +42秒

ポイント賞(マリア・ロッソ・パッショーネ)
1 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、オメガファルマ・クイックステップ) 58pts
2 エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、キャノンデール プロサイクリング) 52pts
3 ルーカ・パオリーニ(イタリア、カチューシャ チーム) 35pts

山岳賞(マリア・アッズーラ)
1 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、モビスター チーム) 14pts
2 ステファノ・ピラッツィ(イタリア、バルディアーニヴァルヴォレ・CSFイノクス) 11pts
3 ロビンソンエドゥアルド・チャラプド(コロンビア、コロンビア) 9pts

新人賞(マリア・ビアンカ)
1 ファビオ・アール(イタリア、アスタナ プロチーム) 23時間53分57秒
2 ラファル・マイカ(ポーランド、チーム サクソ・ティンコフ) +19秒
3 カルロスアルベルト・ベタンクール(コロンビア、アージェードゥーゼル ラモンディアル) +26秒

チーム総合
1 カチューシャ チーム 70時間55分00秒
2 スカイ プロサイクリング +24秒
3 アスタナ プロチーム +45秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ジロ・デ・イタリア2013

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載