title banner

つれづれイタリア~ノ<1>出でよ、ジロの女神たち! 表彰台の選手に優しくキスする美女の素顔

  • 一覧
2013年の“ジロの女神”はアレッシア・ヴェントゥーラさん2013年の“ジロの女神”はアレッシア・ヴェントゥーラさん

 みなさん、こんにちは。Ciao a tutti.

 とても嬉しいことに、みなさんの温かいご声援を受けて「きょうの自転車イタリア語」の一部だったコーナー「つれづれイタリアーノ」が独立し、コラムという形で新しく連載することになりました。

 このコラムでは、イタリアンな目線で自転車の魅力、いや、魔力をみなさんと一緒に探究していきたいと考えています。これからもよろしくお願いします。

 さて、第1回のテーマに選んだのが、ジロ・デ・イタリアにおいて大活躍する女性たちについてです。そして、どうやったらチャンピオンにキスできるかも…。

女性たちのジロ・デ・イタリア

 5月4日、ナポリ。歴史あるプレビシート広場でジロ・デ・イタリア開会式が行なわれ、目が奪われるほどの美しい女性たちがステージに立ちました。実はジロ・デ・イタリアでは、女性たちの存在が重要です。その点に関しては、「ツール・ド・フランスをはるかに超えている」とある著名な日本人フォトグラファーも証言しています。

 毎年100人以上の美女たちが、各ステージの会場を盛り上げたり、キャラバン隊で踊ったり、キャップやスポンサーグッズを配ったりしています。その中で“上位”に立つものが、表彰台の上でチャンピオンたちに優しくキスする女性たちです。「Ragazze da podio (ポディウムの女性たち)」と呼ばれています。通称、「ミス・ポディウム」ですね。

表彰台ではミス・ポディウムたちにも注目だ表彰台ではミス・ポディウムたちにも注目だ

 さらに開会式の際には、「madrina del Giro(ジロの母、または女神)」と呼ばれる女性が輝いています。イタリアを代表するモデルや女優の中から選ばれ、総合優勝カップをチャンピオンに手渡す重要な任務を担います。開会式と閉会式のみに参加する選び抜かれた美人です。

 今年は、モデル出身でテレビで大人気のアレッシア・ヴェントゥーラさん(33)が可憐なドレス姿で観衆を魅了しました。ピエモンテ州出身の彼女は、現在、衛星テレビ局「Sky Sport 1」でスポーツコメンテーターとして活躍し、日常生活でも自転車を愛用しているのだそうです。

日本人女性も表彰台に立てる!?

 ミス・ポディウムは、応募規定の条件を満たせば18歳以上の女性が誰でもチャレンジすることができます。表彰台に立つことができ、チャンピオンたちに熱いチューをすることができます! 国籍の制限はありませんので、日本人もミス・ポディウムになれますよ。

 2014年の応募の参考に、規定を簡単に紹介します。募集は、毎年だいたい1月から各自転車情報サイトにて一斉にスタートします。各賞のスポンサー毎に告知があり、ミス・スプリント賞、ミス・山岳賞、ミス・ステージ賞…というように様々なミスが募集されます。

 その中で、もっとも高い地位にあるのがミス・マリア・ローザ賞。今年ミス・マリア・ローザ賞の担当となったのは、イタリアの菓子メーカー「バロッコ」です。募集要項は、おおむね次のような内容でした。

「Diventa Miss Maglia Rosa (ミス・マリア・ローザになろう) 」コンクール
募集期間: 2013年1月30日~4月20日
年齢: 18歳以上
性別: 女性
国籍: 問わない(イタリア在住者に限る)
資格の有無: 自動車免許の所有
提出書類: サイトに掲載されている質問項目に記入し、写真2枚を添付。
1) スポンサーであるバロッコの商品「Vita Mia(ビスケットブランド)」と一緒に写っているもの
2) スポーツをしながら写っているもの

マルタさん(右)とビアンケッティさんがマリア・ローザを着たパオリーニにキスを送ったマルタさん(右)とビアンケッティさんがマリア・ローザを着たパオリーニにキスを送った

 ミス・マリア・ローザの任務は、ジロ・デ・イタリア全ステージのマリア・ローザの表彰式に立つこと。なかなかのハードワークですが、全期間をつうじて2500ユーロの給料が支払われるほか、宿泊、食事、移動に関する代金はスポンサーにより支給されます。

 審査にはフェイスブックが有効活用されました。今回であれば、まず応募者を専用のサイトに公開し、フェイスブックのユーザーたちが「いいね!(mi piace)」ボタンを押して、人気ランキングが決められました。その後、もっとも人気の高かった10人に委員会が連絡し、最終審査で表彰式に立つ2人が選ばれたのです。

 2013年の優勝を飾りミス・マリア・ローザとなったのは、ローマ出身のフランチェスカ・マルタさん(27)とリエーティ出身のグエンダリーナ・ビアンケッティさん(24)。選考基準は、美しいこと以外にも「温かく、面白みのあるか」「社交的な場面に適するか」が問われたそうです。

 来年の応募が始まったら告知しますね。日本の女性のみなさん、がんばってください。誰にキスをしたいですか?

マルコ・ファヴァロMarco FAVARO(マルコ・ファヴァロ)
イタリア語講師。イタリア外務省のサポートの下、イタリアの言語や文化を世界に普及するダンテ・アリギエーリ協会で、自転車にまつわるイタリア語講座「In Bici」(インビーチ)を担当する。サイクルジャージブランド「カペルミュール」のモデルや、Jスポーツへ「ジロ・デ・イタリア」の情報提供なども行なう。東京都在住。ブログ「チクリスタ・イン・ジャッポーネ

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ジロ・デ・イタリア2013 つれづれイタリア~ノ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載