2年連続の全日本チャンピオン、清水一輝(AKI FACTORY TEAM)のKONA Supreme Operator。昨年のアジア大陸選手権でも優勝し、いま最も乗れているライダーの1人。今大会はアルミ製を持ち込んだが、次戦までにはカーボンフレームの同バイクを導入する予定との事 前の写真へ 次の写真へ 拡大する

Jシリーズダウンヒル#1 びわこ高島大会新型カーボンバイクを投入した井本はじめが初戦優勝 若手が表彰台を占める

2013/05/09 19:41更新

2年連続の全日本チャンピオン、清水一輝(AKI FACTORY TEAM)のKONA Supreme Operator。昨年のアジア大陸選手権でも優勝し、いま最も乗れているライダーの1人。今大会はアルミ製を持ち込んだが、次戦までにはカーボンフレームの同バイクを導入する予定との事
  • 一覧