title banner

西加南子の“勝手に”サイクルカフェ紀行<5>減農薬・有機栽培の「阿部りんご園」カフェ りんご畑を眺めながら食べるりんごのスープ&カレー

  • 一覧

レース前後にリラックスできるティータイムを

りんごのコンポートとコーヒーで一息= 群馬県利根郡みなかみ町りんごのコンポートとコーヒーで一息= 群馬県利根郡みなかみ町

 私は、レースで地方に行くと、その地で特色のあるお店に入るのが楽しみのひとつです。レース自体は緊張感を持って挑むものですが、レース前日にゆっくりお茶をしてリラックスの時間をとるのも私の“レース調整法”です。

 レース前日にじたばたしても仕方ないですからね。ひたすら体調維持に努めます。いいお店を見つけた時はレースの成績もいい…なんてこともあるかもしれませんね(笑)

 最近はレースを観戦に来てくれる方も増えています。「勝手にサイクルカフェ紀行」で紹介したカフェの数々は、レース会場に近い場所も多いので、そんな方にもレース前後に楽しんでもらえたらいいなあと思います。

◇      ◇

 毎年春、シーズン初レースは群馬で始まります。会場となる「群馬サイクルスポーツセンター」の周りで食事をするとなると蕎麦やうどんが多く、おいしくて特色があり、さらにゆっくりお茶をできるところはあまりありません。

 数年前の群馬でのレース前日、上毛高原(じょうもうこうげん)駅から利根川を渡り、水上方面に向かう途中に「アップルパイ・コーヒー&紅茶」という看板が出ているログハウスを見つけて入ったことがありました。りんご狩りや直売を営んでいた農園が開店したカフェ、それが「阿部りんご園」でした。

「阿部りんご園」のカフェ入口= 群馬県利根郡みなかみ町「阿部りんご園」のカフェ入口= 群馬県利根郡みなかみ町
道路から見えるこの看板が「阿部りんご園」の目印道路から見えるこの看板が「阿部りんご園」の目印

 この時初めて、みなかみ町の月夜野(つきよの)周辺でりんごが栽培されているということを知りました。生産量が少なく市場での知名度は低いものの、大産地には負けない味と品質を誇っているそうです。

ログハウスのカフェで「ホッ」

店内にはりんごのシードルやジャム、ワインも並ぶ店内にはりんごのシードルやジャム、ワインも並ぶ

 木のぬくもりを感じる店内には、りんご関連のグッズやりんごジュース、ワイン、シードルといったたくさんのホームメイド製品が並び、カフェが併設されていました。また店内から続くウッドテラスでは、目の前に広がるつがる・あかぎ・陽光・ふじなどのりんご畑を眺めながら食事をとることができます。

 収穫時期のみの営業からスタートしたカフェも、今では通年営業。収穫時期以外でもりんごを使ったメニューが楽しめます。

ウッドテラスの先にはりんご畑が広がるウッドテラスの先にはりんご畑が広がる
チラホラと咲くりんごの花チラホラと咲くりんごの花
優しい味のりんごスープ(手前)と具だくさんのりんごカレー優しい味のりんごスープ(手前)と具だくさんのりんごカレー

 ウッドテラスに自転車を置いて、りんごの花を眺めながらいただいたのは、りんごのスープ(400円)とりんごのカレー(650円)です。ポタージュのスープは、ほんのり甘いけれどデザートとまではいかない上品な味。カレーには、食感がしっかり感じられる大きさのりんごがゴロゴロ入っていますが、カレー味に自然と馴染んでいます。

 最後に食べたのは、私がとびきりおいしいと感じたりんごのコンポート(400円)。りんご尽くしです! コンポートとは、赤ワイン煮です。果物に火をとおすと、また違うおいしさを楽しめますよね。そのほかもちろんコーヒーや紅茶(各300円)もありますし、りんごのシーズンには生絞りんごジュース(300円)を飲むこともできます。

バニラアイスが添えられたりんごのコンポート。赤ワインで煮込んだりんごは甘酸っぱさがほのかに残り、生とは違ったおいしさバニラアイスが添えられたりんごのコンポート。赤ワインで煮込んだりんごは甘酸っぱさがほのかに残り、生とは違ったおいしさ
ウッドテラスでりんごスープとりんごカレーを「いただきます」ウッドテラスでりんごスープとりんごカレーを「いただきます」

 ちなみにお店の一番人気は、アップルパイです。王道ですね! 1ピース300円、1ホール2400円で販売していて、お土産で持ち帰ることができます。カフェのカウンターには、予約のアップルパイが所狭しと並んでいました。サイクリストの皆さんでしたら、レース前に電話予約をして家族へのお土産に1ホール持ち帰る…というのはどうでしょう?

 私は食事の後、阿部りんご園のりんごで作られたシードルを自分へのお土産として購入しました。どのメニューもすべてスタッフの皆さんの手作り。使われているりんごには有機質肥料が用いられ、除草剤は不使用、農薬の使用も最小限に努めて栽培されているそうです。

アップルパイ・コーヒー&紅茶「阿部りんご園」カフェ
所在地: 群馬県利根郡みなかみ町上牧1834
TEL/FAX: 0278-72-5006 / 0278-72-5000
営業時間: 9:00~17:00
定休日: 12月~8月 水曜日、9月~11月 無休
ホームページ: http://www.apple7.com

文・写真 西加南子

西加南子西加南子(にし・かなこ)
日本大学短期大学在学中、トライアスロンを始める。1994年、サイクルショップ「ズノウイースト」(千葉県船橋市)にて本格的に自転車ロードレースを開始。8年間「チーム ラバネロ」に所属し、2010年からは自身のチーム「Luminaria」を運営・活動する。座右の銘は「女は年齢じゃない、肌と筋肉だ!」、自他共に認めるカフェ好き。千葉県在住。ブログURL(http://www.kanakonishi.com/)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

グルメ サイクルカフェ紀行

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載