【大会・イベント情報2012】乗鞍で獲得標高4,000mに挑戦 タフなコースを巡る“チャリティライド” 9月に開催

  • 一覧

 長野・乗鞍岳周辺の山岳コースにロードバイクで挑戦する「乗鞍センチュリー・チャリティライド」が9月16日に開催される。参加費の半分以上は、東日本大震災で被災した子供たちのメンタルケアを目的とする基金へ寄付されるチャリティ・イベントだ。

ノーススターが主催する「乗鞍センチュリー・チャリティーライド」 © Seth McAllisterノーススターが主催する「乗鞍センチュリー・チャリティーライド」 © Seth McAllister

 長野県松本市でロッジとアウトドア・アドベンチャースクールを営む「ノーススター」が主催し、今回で4回目。開催のきっかけは、経営者のダニエル・ジャンカーさん自身が皮膚癌(がん)と戦ってきたことだ。その経験から、癌を克服しツール・ド・フランス7連覇を果たしたランス・アームストロングによる、癌と戦う人を支援する活動「LIVESTRONG」に賛同する形でスタートした。

 コースは乗鞍エコーラインを上り、岐阜県側の乗鞍スカイラインを下る距離153km、総獲得標高4,000mのタフな道のり。ジャンカーさんは「本気の人生こそ本当の冒険」をモットーとしており、スタッフの山口謙さんは「過酷なコースにチャレンジすることで、サポートが必要とされている人々の苦しみを理解するということが目的のひとつ」と話している。

 このため、参加できるのはバイクライディングに精通し、基本的な修理ができる18歳以上の中、上級ライダーに限られる。募集は50人。参加者は年々増え、ジャンカーさんを慕って海外からの参加者も多く、国際色豊かなメンバーが揃うという。

 参加費は9,000円。また、9月15日からの宿泊2泊とウェルカムパーティ、ライド後のBBQなどを含む「センチュリーパッケージ」は23,000円。

ノーススターが主催する「乗鞍センチュリー・チャリティーライド」 © Seth McAllister
ノーススターが主催する「乗鞍センチュリー・チャリティーライド」 © Seth McAllister

■問い合わせ先
メール info@ridenorthstar.com
電話 0263−93−1688

「乗鞍センチュリー・チャリティライド」サイト

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載