自転車と観光をのんびり満喫ポタリングの魅力を伝授する“大人の遠足” ポタガール埼玉が地元チームと交流会

  • 一覧
ポタリングの魅力を伝授しに、いざ! 左からポタガール埼玉の後口さん、岩崎さん、小島さん、金子さん、小林さんポタリングの魅力を伝授しに、いざ! 左からポタガール埼玉の後口さん、岩崎さん、小島さん、金子さん、小林さん

 埼玉県を中心に、自転車の魅力を発信している女性グループ「ポタガール埼玉」。4月12日に行なわれたサイクリングチーム「Toyota tsusho Bicycle Club」(TBC)との交流会の模様を、ポタガール埼玉メンバーの岩崎雅美さんに寄稿いただきました。

◇      ◇

 ある時、自転車のイベントで知り合ったTBCのライダーから「ぜひポタリングの魅力を教えていただきたい」というリクエストをいただきました。そこで企画された交流ポタ会。ポタガール埼玉の後口沙織さん、小島利恵さん、金子千鶴さん、小林玲香さんと私の5人が、TBCメンバー9人と一緒に、西武池袋線と東急東横線の直通運転を記念して、所沢周辺をポタンリングしてきました!

 西武鉄道の所沢駅を出発して最初に向かったのは、「野老澤町造商店」こと「まちぞう」。こちらは約450年前に建築された建物で、史跡散策のポイントを紹介する観光案内所になっています。また、多くの歴史の産物が眠る場所でもあります。今回私たちは特別に、まちぞうの裏側「斎藤家」を“所沢観光の達人”三上博史さんのご配慮により見学させていただくことができました。

斎藤家の前で記念撮影。お庭や蔵も当時もまま残されていました斎藤家の前で記念撮影。お庭や蔵も当時もまま残されていました

 斎藤家は、明治16年に飯能で行なわれた演習を天皇が視察の際に宿泊された日本唯一現存する「行在所」(あんざいじょ)。そしてまた、川越鉄道建設時の事務所にもなった歴史ある建物です。

旧川越鉄道株式会社の看板と小島さん旧川越鉄道株式会社の看板と小島さん
勝海舟の書を解説する斎藤さんと真剣に話を聞く参加者。お宝拝見です!勝海舟の書を解説する斎藤さんと真剣に話を聞く参加者。お宝拝見です!

 現斎藤家当主の斎藤武司さんが案内役となり、当時使われていたものや勝海舟の書などを実際に見ながらお話をうかがいました。蔵造の建物自体にとても趣があり、ドキドキしながら見学できました。

「割烹 美好」の前にて「割烹 美好」の前にて

 歴史の勉強の後はランチへ。こちらも明治15年創業の歴史ある洋食屋「割烹 美好」で「フォールカツレツ」をいただきました。所沢は日本の航空発祥の地と言われており、その飛行指導に貢献したフランスのフォール大佐が好んで食べたことからこの名がつきました。

 ランチの時間は自転車話に花が咲きます。この日集まったのは、自転車歴6カ月から6年と幅広い愛好家たちの交流会でしたが、自転車が好きという思いは一緒。おいしい食事を楽しみつつも、それぞれが参加したイベントや行ったことがある場所などで盛り上がり、自転車の魅力を語り合いました。

荒幡富士の頂上で。きれいな青空! スカイツリーも見えました荒幡富士の頂上で。きれいな青空! スカイツリーも見えました
所沢からも富士山が見えますよ所沢からも富士山が見えますよ

 お腹がいっぱいになったところで向かったのは、荒幡富士(あらはたふじ)。荒幡富士は、150年前に付近一帯に住む人たちがコツコツ15年かけて作った標高119mの盛土による人造の山でです。駅前から20分ほど走ったこの地域は、駅前の喧騒が嘘のようにのどかな景色が広がっています。天気がいいと富士山などの山々を眺めることができるそうです。この日は少し霞んではいましたが、東京スカイツリーを望むことができました!

展示されたシダを前にする小島さん展示されたシダを前にする小島さん

 次に荒幡富士からほど近い「いきものふれあいの里センター」へ。子供向けのよくある自然学習の施設と思ったら、大間違いでした。手作り感あふれる展示ながらも、ところどころに感じるスタッフの熱意に触れ、大人もその魅力に引き込まれていきます。この日はちょうど、「シダ植物展」が開催されていました。

 そしてこの施設最大の魅力といっても過言ではないのが、現場総括責任者の須賀聡さんによる初心者にもわかりやすいナビゲーション。植物のことだけではなく、『トトロ』の舞台となった狭山丘陵のことや荒幡富士のうんちくなども教えていただいて、より深く所沢を知ることができることができました。

映画『トトロ』の話も混ぜながら所沢の自然についてお話してくれた須賀さん映画『トトロ』の話も混ぜながら所沢の自然についてお話してくれた須賀さん
身近にあるシダをいろいろな視点から見せてくれます。意外なところにシダがいっぱいでビックリ!身近にあるシダをいろいろな視点から見せてくれます。意外なところにシダがいっぱいでビックリ!

 最終目的地は、航空記念公園。西武鉄道の航空公園駅前にさしかかると目に飛び込んでくるのが、1995年まで活躍していたという戦後初めての国産機です。なんと本物! 思わずポタガールも並んで記念撮影です。

航空公園駅前にある飛行機の前にポタガール集合。左から金子さん、岩崎さん、小島さん、小林さん、後口さん航空公園駅前にある飛行機の前にポタガール集合。左から金子さん、岩崎さん、小島さん、小林さん、後口さん
お抹茶と和菓子を前にした岩崎さんお抹茶と和菓子を前にした岩崎さん

 最後に、今回参加していただいたTBCのみなさんに感想をうかがってみると、「いつもは自転車に乗るといったら本当に走るだけ。きょうは大人の遠足みたいで楽しかった」とうれしいコメントをいただきました。また、TBCから唯一の女性参加だった青木さんは「普段は男性の中に混じってがんばってスピードに追いつこうと走るだけなんですが、いつもと違いのんびり自転車と観光を楽しむことができた」と、ポタリングの魅力を知ってもらうことができました。参加された皆さん、ありがとうございました!

 さて、解散後はというと…実はポタガールの5人は航空公園内にある「彩翔亭」でお抹茶と和菓子タイム。「やっぱり最後に甘いものを食べないと落ち着かないよね」と、おいしい和菓子に舌鼓を打ちました。

 ポタリングをしていて思うのが、すべての街にたくさんの魅力があるということ。またそれを発見し、人と人をつないでいくのが自転車の魅力だということです。今回はそれを再認識できるとても楽しいポタ会になりました。

文 岩崎雅美・写真 岩崎雅美、後口沙織(ポタガール埼玉)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント ポタガール

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載