バイクインプレッション2013「AVEDIO PEGASUS」トルクをしっかりと掛けたペダリングに合う、カラーオーダー対応のチタンフレーム

  • 一覧

 独創的なデザインを纏ったフレームを展開するエヴァディオは、フレームだけでなく、様々な関連パーツ、アクセサリを展開している。フレームはチタン、カーボン、アルミと素材別に揃え、チタンに関してはMTBフレームも用意されている。独自のカラーオーダーシステムによって、個性豊かなフレームを手に入れられるのはこのブランドの特徴であり、オンラインのシミュレーターを利用して自分だけのデザインを熟考できる。

「AVEDIO PEGASUS」 (エヴァディオ ペガサス)「AVEDIO PEGASUS」 (エヴァディオ ペガサス)

「AVEDIO PEGASUS」 エヴァディオ ペガサス
価格:354,900円~(サンドブラスト、フロントフォークは3色から選択可能)
386,400円〜(ペイントモデル)
サイズ:440、470、500、530、560㎜
問い合わせ先:AVEDIO http://avedio.net/

 

スペック

フレーム:3AI-2.5V・TITANIUM DOUBLE BUTTED
フォーク:AVEDIO RPS ULTRA LIGHT FRONT FORK
変速機:カンパニョーロ・コーラス(F)&(R)
ギヤ:シマノ・アルテグラ 50×34T、11-25T(11速)
ホイール:カンパニョーロ・ハイペロンウルトラTWO
重量:1,200g(フレーム、500mmサイズ)、295g(フォーク)

イタリア語の「AVE」と「DIO」の造語で「神の祈り」というブランドネームにちなんだヘッドマークイタリア語の「AVE」と「DIO」の造語で「神の祈り」というブランドネームにちなんだヘッドマーク
ヘッドチューブに入る、モデル名「ペガサス」のデザインロゴヘッドチューブに入る、モデル名「ペガサス」のデザインロゴ
内側にバテッド加工を施した3AL-2.5Vチタンパイプを採用し、軽量で高い剛性を誇るフレームに仕上げている内側にバテッド加工を施した3AL-2.5Vチタンパイプを採用し、軽量で高い剛性を誇るフレームに仕上げている

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中

米山 チタンの素材感を生かしたサンドブラストモデルもいいけれど、カラーリングにこだわれるのがこのブランドの特徴だからね。試乗車を見てのとおり、デザインやカラーで印象は大きく変わる。個性的に組み上げられたこのエヴァディオ・ペガサス、まずは手に持って軽かったね。

松尾 そうでしたね。バテッドチューブを採用して、高い剛性を保持しながら軽量に仕上げられているようです。試乗車のホイールが、カンパニョーロのハイペロンウルトラTWOでしたが、マッチングはかなり良かったです。剛性が高いフレームなので、縦剛性が高すぎないカーボンホイールが合うと思います。

米山 うんうん。フレーム自体は固めで、わりとゴツゴツしている。ただその分、初動の加速に軽さが感じられたよ。

松尾 発進でフォークとフレームのアンバランスさを感じませんでした?

米山 あぁ、ハンドリングに少々クセを感じたよ。あれはフォークのせいかな。

松尾修作 VAX RACING with SAITAMA(バックスレーシング ウィズ 埼玉)所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ松尾修作
バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ

松尾 カタログ値で300gを切るかなり軽いフォークが付いているので、僕もそう思いました。発進でちょっとふらつくような感じ。でも時速10キロも出てくれば安定して解消されるんですよね。

米山 スピードに乗ってからはどうだった?

松尾 レースでも使えると思えるいい感触はありましたよ。トルクをしっかりと掛けたペダリングに合うフレームだと思います。ついつい踏みたくなる感じです。

米山 これはフレーム販売のモデルだから当然とはいえ、どんなパーツで組むかだなぁ。

松尾 そうですね。レースでも使用してみたいと思えるフレームだったので、レーシーにまとめるのはいいと思いますよ。上りも下りもしっかりと走りましたし、スプリントのようにギヤを思い切りかけても、しっかりとトランクションがかかって前に伸びて行きます。チタン特有の芯がしっかりとあってブレず、ライダーに馴染む性能を余すところなく発揮したという印象を受けました。

米山一輝と松尾修作

米山 個性が強いバイクではあるし、決して万人受けはしないと思う。でも、こういう個性的で自分だけの1台を求めている人もいる。誰も持っていない1台を作るのなら良いかもね。

松尾 試乗車のホイールとタイヤが良かったのを差し引いても、チタンフレームは良い乗り味だと思いますよ。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 和田やずか

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

エヴァディオ バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載