寺社で押印を集め復興を祈願新しい農業創出を目指す福島・南相馬を走ろう 「第40回市民サイクリング大会」5月12日開催へ

  • 一覧

 福島県南相馬市鹿島区で5月12日(日)、震災と津波被害からの復興を祈念して「第40回市民サイクリング大会」が開催される。コースは約30km、定員は100人。

 東日本大震災で大きな被害を受けた南相馬市では、新しい農業の創出を目指しており、津波で浸水した約2・4haの敷地に建設された太陽光発電利用の野菜工場「南相馬ソーラー・アグリパーク」が3月11日に始動したばかり。

津波浸水地区に建つソーラーパネルと植物プラントドーム =福島県南相馬市(2013年2月撮影)津波浸水地区に建つソーラーパネルと植物プラントドーム =福島県南相馬市(2013年2月撮影)

 2千枚を超えるソーラーパネルは出力500キロワットを誇り、そこで発電された電気は、隣接する真っ白なドーム形の植物工場で、レタスなどの葉物野菜を栽培するのに使われている。土を使わないため放射性物質の影響はない。

津波浸水地区に建つ植物プラントドーム =福島県南相馬市(2013年2月撮影)津波浸水地区に建つ植物プラントドーム =福島県南相馬市(2013年2月撮影)
南相馬ソーラー・アグリパークと、運営会社「福島復興ソーラー」の半谷栄寿社長 =福島県南相馬市(2013年2月撮影)南相馬ソーラー・アグリパークと、運営会社「福島復興ソーラー」の半谷栄寿社長 =福島県南相馬市(2013年2月撮影)

 着実に復興を遂げている南相馬市を巡る今回のサイクリング大会では、このソーラー・アグリパークもコースに組み入れられている。さらに、鹿島区内にある神社や寺院で押印を集め、明日への希望を実感する一日を皆で共感しあうことを目的としている。

■イベント概要
【開催日】2013年5月12日(日)
【日程】午前8時半~ 車検、同9時 集合・受付・開会式、午後2時半 閉会式・解散
【コース】原町生涯学習センター(南相馬市鹿島区寺内)~泉・野菜工場~島崎宮田緑地広場~山田神社~宝蔵時~阿弥陀寺~勝緑寺~まごころセンター(昼食)~御子神社~陽山時~日吉神社~原町生涯学習センター駐車場
【参加資格】スケジュール時間内にコースを走る脚力を有する方。小学生は4年生以上、ヘルメット着用、保護者同伴とする
【参加費】1000円(記念品・押印料・保険料・昼食代他)
【申し込み先】原町サイクリング協会事務局(南相馬市原町区大町1-1 佐藤じてんしゃ屋 0244-23-3357)
【締切】5月4日(土)締切 ※定員100人になり次第
【主催】原町サイクリング協会
【後援】南相馬市・南相馬市青少年育成市民会議原町地区推進協議会・福島民報社・福島民友新聞社・福島県サイクリング協会(順不同)


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載