【SankeiBizより】飛躍カンパニー簡単便利、駅前レンタサイクル 日本コンピュータ・ダイナミクス

  • 一覧
JR武蔵浦和駅前の自転車レンタルサービス拠点「さいチャリ」。24時間態勢で共有車両を貸し出している =さいたま市南区JR武蔵浦和駅前の自転車レンタルサービス拠点「さいチャリ」。24時間態勢で共有車両を貸し出している =さいたま市南区

 貸し自転車を使いたいと思ったときに登録し利用できる-。24時間・年中無休態勢の自転車レンタルサービスをさいたま市の駅前で提供するのが、駐輪場を運営・管理する日本コンピュータ・ダイナミクス(東京都品川区)。放置自転車問題の解決に貢献し、生活者の行動範囲を広げて地域を活性化する役割も担いたい考えだ。

 この事業は、駅前を拠点に会員制で共用自転車を貸し出す。サービス名は「さいチャリ」。昨年5月にJR埼京線の南与野駅前で始め、今年3月にはJR武蔵浦和駅前に2つ目のサービス拠点を開設した。

 貸し自転車の設置台数は2拠点の合計で42台。ともに駅から徒歩1分に位置する「駅前レンタサイクル拠点」で、需要を踏まえて拠点の拡大をめざす。

 売りは、時間を問わず各拠点の無人登録機で素早く会員登録できる点。登録から利用までの所要時間は5分以内だ。

 まずは登録機のタッチパネルに表示されたアドレスに、手持ちの携帯電話から「空メール」を送信。続けて生年月日や電話番号などの必要事項を入力すれば、会員登録が完了する。

 登録後は、支払い方法を決めるだけ。通勤や通学で使う「Suica(スイカ)」などの交通系ICカードを支払いに利用したい場合、会員登録後に登録機に同カードをかざす。すると、貸し自転車のロックを解錠する鍵「認証用ICカード」として使えるようになる。

 その後は、鍵を駐輪設備の読み取り部分にかざしてボタンを押せば、ロックがはずれて自転車を取り出せる。

 レンタル料は6時間ごとに100円。利用後は貸りた場所に返却し、交通系ICカードなどで精算する。こうした利便性を武器に同社は、大学構内で学生の自転車が放置される問題などの解決も手助けしたい考えだ。

 上田晋太郎・執行役員パーキングシステム事業部長は「『駅発・駅帰り』という、さいチャリの実績を積み、『コミュニティーサイクル』への発展もめざしたい」と意気込む。

 コミュニティーサイクルは、複数の貸し出し拠点のどこにでも返却可能な新しい交通システム。その事業化に向けた可能性も探る。

 同社は1999年にコンピューターで無人駐輪設備を管理するシステムを開発し、導入から運営支援までの総合サービスを自治体や商業施設などに提案。全国で手がける駐輪場は1100カ所に達し、管理台数も30万台を超えた。2017年に1500カ所・50万台を達成することが目標だ。(臼井慎太郎)

SankeiBizより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載