バイクインプレッション2013「GARNEAU RTI 2」 チタン特有の芯がありつつしっとりとした加速が楽しめるラグジュアリーバイク

  • 一覧

 カナダの総合ブランド、ルイガノにはハイセンスなカジュアルバイクが多彩に揃っているが、ピュアスポーツバイクは「ガノー」ブランドとして分類されている。カーボン、チタン、アルミ素材のフレームと、完成車をラインナップし、ロードバイクは女性用、子供用もあり充実。「RTI 2」はガノーが最上級を追求したチタンフレームをシマノ・105で組んだ完成車だ。最高グレードのデュラエース仕様「RTI」もある。

「GARNEAU RTI 2」(ガノー RTI 2)「GARNEAU RTI 2」(ガノー RTI 2)

GARNEAU RTI 2(ガノー RTI 2)
価格:313,950円(シマノ・105仕様)
210,000円(フレームキット)
サイズ:490mm、520mm、550mm
カラー:TI
問い合わせ先:ルイガノ(アキ・コーポレーション) http://www.louisgarneausports.com

 

スペック

フレーム:3AL-2.5V TITANIUM DB フレーム
フォーク:モノコック12K カーボンフォーク
変速機:シマノ105(F)、シマノ105(R)
ギヤ:シマノ・105 50×34T、11-28T(10速)
ホイール:IDX カーボンホイール(チューブラー)
重量:N/A

リヤエンドからシートチューブまでダイレクトに伸びるシートステーは、ゆるやかなカーブを描き、振動を和らげるリヤエンドからシートチューブまでダイレクトに伸びるシートステーは、ゆるやかなカーブを描き、振動を和らげる
上位機種のRTI(デュラエース仕様)と同様、チューブラー用のカーボンホイールを装備する上位機種のRTI(デュラエース仕様)と同様、チューブラー用のカーボンホイールを装備する
ダウンチューブのブランドロゴの表面には凹凸がある。シンプルな中にも所有欲を掻き立てる演出だダウンチューブのブランドロゴの表面には凹凸がある。シンプルな中にも所有欲を掻き立てる演出だ

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 VAX RACING with SAITAMA(バックスレーシング ウィズ 埼玉)所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ松尾修作
VAX RACING with SAITAMA(バックスレーシング ウィズ 埼玉)所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ
米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中

米山 ロードバイクインプレッションの連載では、初めてのチタンバイクだね。フレームの輝きはまさに期待通り。シックだけど違いがある、大人の1台という印象かな。

松尾 僕はこの価格の完成車にカーボンホイールがアッセンブルされているのに注目しました。105とカーボンホイールで組んで30万円ちょっととは……。

米山 うん。フレーム価格で21万円でしょ。おおよそ10万円分と仮定されるパーツの割には豪華だし、ハンドルやホイールにはピンクのワンポイントでうるさくない程度にまとまっていて、センスの良さを感じるよ。乗ってみた感想はどう?

松尾修作 VAX RACING with SAITAMA(バックスレーシング ウィズ 埼玉)

松尾 まず、金属フレームらしいシャキシャキとした踏み味でしたね。ライダーにフィットするような、表面は尖っていない、芯がありつつもしっとりと加速がありました。今回、ほかに4台乗っていますが、なかでもこのバイクはハンドリングが良かったことが印象的でした。

米山 そうだね。チタンらしい、骨がありつつしなやかで、少しのバネ感がある乗り味そのもので、イメージ通りだった。

松尾 低速から中速までがスウィートスポットで、他の素材に劣ることなく気持ちの良い加速でした。快適さで言えば、カーボンフレームに対してだと不利な面はあるけど、シートステーをかなり寝かせている工夫もあり、不快というわけではありませんでした。

米山 金属らしいがっしり感があるから、優れた快適性からは離れているけど、そういう趣旨のバイクではないからね。チタン特有の乗り味を楽しめて、なおかつそれが良いものであれば、でしょう。

松尾 カーボンホイールとシートステーが突き上げ感をマイルドにして、金属の特性を生かしてキビキビとした運動性能で進んでいくバイクでした。ヘッドチューブが短いので小柄なライダーへも対応しますね。フレームが3サイズで、ヘッドチューブが短めなので、サイズ選びはしっかりと。それから、上りも下りも優秀ですよ。

米山一輝

米山 うんうん。王道ではないけど、昔からチタンという言葉の響きには魅力を感じてしまうもの。潜在的なニーズが高そうな1台だったし、「RTI 2」からチタンバイクに興味を持つ人も多いだろうね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 和田やずか


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ガノー バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載