チャリガールMOCOのガールズトーク<11>サイクルウェアのコーディネートで男子禁制トーク!

  • 一覧

 スポーツサイクルに乗るための最適なウェアについて考えると、やはり空気抵抗が少なく、体にフィットしたサイクルジャージが一番に挙げられますね。快適に走る事を追求した素晴らしいデザイン。羽の生えた馬の様に、どこまでも走って行けちゃいそうです。背中のポケットがとても便利で、さらにパッドのついたショーツは、長距離を走り続けても身体に負担の掛かりにくい設計です。私も、これがないとスイッチが入りません。

”女子会ライドでは“男子禁制”トークで盛り上がります”女子会ライドでは“男子禁制”トークで盛り上がります

 しかし、自転車乗りの女性の中には、ちょっと抵抗がある方も。なぜなら、それはボディーラインがはっきり出てしまうから。全身タイツのようで恥ずかしい、という“女子の叫び”を、私の周りの女性から聞くこともあります。

 グルメライドを楽しむために観光客で賑わうレストランを訪ねたり、史跡や名所に立ち寄ってみたりと、自転車遊びの方法は色々ありますよね。そのようにレジャー感覚で自転車を楽しむ時、私はサイクルスカートを着用し、色々なコーディネートを楽しんでいます。

バイクとウェア、アクセサリーのコーディネートもバッチリ!バイクとウェア、アクセサリーのコーディネートもバッチリ!

 というのも、以前に地方を訪れた際、サイクルウェアを見慣れていなかった人達を驚かせてしまった経験があるからです。周囲の目に気づいた私も、ドギマギする思いでした。それに、スカートを履くと腰回りが暖かいので、ときどき涼しさも感じるこの季節にはちょうどいいですよね。汗拭き用のリストバンドと合わせてカラーバリエを楽しむこともあります。急きょ、輪行で帰らなくちゃいけなくなった時にも、人目を気にせず移動できるので便利。

 先日、自転車乗り同士のガールズトークでそんな話題になった時には、かなり盛り上がりました。みんなそれぞれに工夫を凝らしたウェアアイディアを持っています。公園でランチを食べ終わっても、トークは延々と続きました。男子禁制! だって、女子同士でしか分かち合えない事って沢山あるんですもの。

ピンクがあしらわれたファッショナブルなバイクピンクがあしらわれたファッショナブルなバイク
バイクとホイール、タイヤ、アクセサリーのカラーコーディネート。オーナーのセンスが光りますバイクとホイール、タイヤ、アクセサリーのカラーコーディネート。オーナーのセンスが光ります

 ふと、もっと沢山の自転車乗りの皆さんにも聞いてみたいと思い立ち、私のブログで「レーパンに関するアンケート」なるモノを実施しました。レーパンのまま、一人でどこまで行けますか?という質問で、男女合わせて300人から回答をいただきました(複数回答)。その結果がコチラです。

アンケート結果アンケート結果

 アンケートに寄せられたコメントには、『自転車から降りる時に、ショートパンツを履くので抵抗無くどこにでも行ける』という意見もありました。中には『子供の授業参観にもOK!』という方も。授業中、子供たちが後ろを振り返るとサイクルジャージでバッチリ決めたパパがいた…なんて、「〇〇レンジャー」のような人気者になっちゃうかもしれないですね。

 一方で「どこにも立ち寄れない」と回答した方も10人いました。飲み物を買ったりせず、グルっと走るだけなら大丈夫なのでしょう。私は、仲間がいない1人の時でもラーメン屋さんまでOK。やはり空腹には勝てません…。

イベントに参加した筆者。ウェアのコーディネートも楽しみます <写真提供:ランドヌール>イベントに参加した筆者。ウェアのコーディネートも楽しみます <写真提供:ランドヌール>

 もちろん、走り方もスタイルも、決まりなんてありません。人それぞれ自由に楽しむのが一番。かわいいデザインやカッコいいグラフィックのサイクルウェアも沢山出ているので、カラーコーディネートも色々挑戦して、思いっきり自転車ライフを楽しみたいですね!

MOCOチャリガールMOCO
本名:笹本智子。レーサーとして竹芝サイクルレーシングチームに在籍。実業団から市民レースまで様々なレースに参戦している。チャリガールイベントを企画・開催し、自転車を取り巻くすべての人達の「楽しい」「嬉しい」「面白い」を作っている。1980年生まれ。静岡県出身。公式ブログ:http://moco-sasamoto.jugem.jp

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

MOCO チャリガールMOCOのガールズトーク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載