title banner

きょうの自転車イタリア語・TAPPA 15DI CHI È LA MAGLIA ROSA ―マリア・ローザは誰のもの

  • 一覧

TAPPA 15

2012年のジロを制しマリア・ローザに身を包んだライダー・ヘシェダル2012年のジロを制しマリア・ローザに身を包んだライダー・ヘシェダル

 イタリアの国旗は赤、白、緑ですが、サッカー代表チームは「アズッロ」と呼ばれる鮮やかなブルー。ジロ・デ・イタリアの総合チャンピオンジャージの色はかわいいピンクで、フェラーリを含む自動車レースの世界は赤!

 イタリア人は色が好きで、コーディネートが上手。それには、ちゃんと秘密があります。小さいころから厳しく教育されているからです。このコラムの最後、「つれづれイタリア~ノ!」に詳しく書いてありますよ。

 というわけで、今回のテーマは「色、colori」です。


使い方

語尾「o」のグループの色
Azzurro
Bianco
Giallo
Grigioグレー
Nero
Rosso
語尾「e」のグループの色
Arancioneオレンジ
Marrone
Verde
その他のグループの色
Beigeベージュ
Bordeaxワインレッド
Blu紺(濃い青)
Fuxiaショッキングピンク
Rosaピンク
Viola

 

文法ポイント

 基本的に色は形容詞ですので、名詞の性と数に合わせて語尾が変化します。その仕組みは次のとおりです。

語尾「o」のグループは変化が4つもあります!
【男性・単数】un vino rosso(赤ワイン)
【女性・単数】una bicicletta rossa(赤い自転車)
【男性・複数】dei guanti rossi(赤いグローブ)
【女性・複数】delle scarpe rosse (赤いシューズ)
語尾「e」のグループは単数・複数による変化
【男性・単数】un casco verde(緑色のヘルメット)
【女性・単数】una maglia verde(緑色のジャージ)
【男性・複数】dei pantaloncini verdi(緑色のビブ)
【女性・複数】delle biciclette verdi(緑色の自転車)
その他のグループはまったく変化しません。一番かんたん!
【男性・単数】un casco rosa(ピンク色のヘルメット)
【女性・単数】una maglia rosa(ピンク色のジャージ)
【男性・複数】dei pantaloncini rosa(ピンク色のビブ)
【女性・複数】delle ruote rosa(ピンク色のホイール)

 さぁイタリアの青空のもとで、好きな色を求めて旅に出ましょう。

つれづれイタリア~ノ!

「カラーの知識はマンマから」

 小学校を除けば、物心がついたイタリアの子どもたちは、かなりおしゃれに見えます。ブランド物を身にまとっているわけでもないのに、さりげないカラーコーディネートのバランスや服のセンスがいいのです。

 イタリア人は、生まれ持ってファッションの天才というわけではありません。むしろ、イタリアの子どもには服を選ぶ自由はまったくありません。学校に通い始めるときから、お母さんから厳しいファッション教育が始まるのです。

プロはレース中にも器用にシューズを履き替える。2012年ジロを走るアンドレーア・グアルディーニプロはレース中にも器用にシューズを履き替える。2012年ジロを走るアンドレーア・グアルディーニ

 偉大なるマンマは、細部まで全部管理します。そうして時間が経つにつれて、子どもは自然に色感覚と着こなしを身につけていきます。

 中でも一番うるさいポイントは、靴下の色と靴の種類です。靴下は履いている靴の色と調和しなくてはいけないだけでなく、ズボン、Tシャツの色も考慮して選ばなければなりません。特に白色の靴下はダサく見えます。

 靴選びは、イタリア人にとっては一大事です。革靴は重要で、よく磨きます。ひももきちんと締めます。イタリア人は、初めて会う人の靴を見てその人の性格を判断するぐらいです。

 日本の一部の男性芸能人の間で流行っている靴下なしのファッションは、イタリア生まれだと言われますが、それはまったくの嘘です。“革靴に裸足”というスタイルは、イタリア人がもっとも嫌うことで、インソールタイプの靴下をきちんと履いています。裸足になれる唯一の履物はサンダルです。逆に、サンダルと靴下の組み合わせは見苦しいものです。

 イタリアへ行く前には、靴をきちんと磨きましょう。印象がぐんとアップしますよ。


マルコ・ファヴァロMarco FAVARO(マルコ・ファヴァロ)
イタリア語講師。イタリア外務省のサポートの下、イタリアの言語や文化を世界に普及するダンテ・アリギエーリ協会で、自転車にまつわるイタリア語講座「In Bici」(インビーチ)を担当する。サイクルジャージブランド「カペルミュール」のモデルや、Jスポーツへ「ジロ・デ・イタリア」の情報提供なども行なう。東京都在住。ブログ「チクリスタ・イン・ジャッポーネ

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

きょうの自転車イタリア語

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載