65~88歳が学科&実技を受験お年寄りも自転車シミュレーターを体験 栃木・鹿沼市で“自転車免許”講習会

  • 一覧
自転車シミュレーターを体験する受講者=9日、鹿沼市の交通安全教育センター自転車シミュレーターを体験する受講者=9日、鹿沼市の交通安全教育センター

 栃木県警鹿沼署は9日、高齢者の自転車事故防止のため、交通安全教育センター(鹿沼市下石川)で「高齢者自転車免許制度講習会」を開いた。

 この講習会は、自転車乗車中に交通事故に遭う高齢者の7割以上が運転免許証を持っていなかったことから、平成19年から開始。自転車免許証に効力はないが、高齢者に交通ルールを知ってもらう機会として効果を上げている。

 講習会には北押原地区の65~88歳の高齢者24人が参加。自転車シミュレーターの体験のほか、自転車の交通ルールに関する学科試験やコース上での実技試験を受験した。全員が合格し、自転車免許証の交付を受けた。

 受講した宇賀神好光さん(87)は「知らないうちに体力が衰えていたことに気付いて驚いた。安全確認に気をつけて自転車に乗ろうと思う」と話した。

MSN産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載