バイクインプレッション2013「FUJI PALETTE」 アクティブな走りを楽しめる定番クロスバイクをリニューアル

  • 一覧

 フジのライフスタイルバイクには個性があり、自転車ライフを色鮮やかにするモデルが並ぶ。自由でスタイリッシュなバイクは乗り手を楽しませるが、それはレースバイクで培ったテクノロジーとデザインが合ってのこと。フジを代表する定番クロスバイクがリニューアルした。新しい〈パレット〉は、ストリートで映えるマッドの2色と、コントラストが眩しい3色で展開している。

「FUJI PALETTE」(フジ パレット)「FUJI PALETTE」(フジ パレット)

「FUJI PALETTE」フジ パレット
価格:57,750円(完成車)
サイズ:15”, 17”, 19”, 21”, 23”
カラー:フラットブラック、ガンメタル、 ベイビーブルー、ファイヤーレッド、オリーブ
問い合わせ先:アキボウ http://www.fujibikes.jp

 

スペック

フレーム: Fuji A2-SL alloy w/ round tube, double water bottle mounts
フォーク:Fuji 11/8” Fuji A2-SL custom Alloy streight fork w/ eyelets and forged dropouts
変速機:シマノ(F)&(R)
ギヤ:スギノ・alloy forged 48×38×28T、11-32T(24速)
ホイール:Fuji alloy 32H QR hubs w/ Fuji double wall alloy 30mm high profile rims
重量: 10.5kg(完成車)

スッキリとしている、フジオリジナルのアルミ製ハンドルバーとステム。ハンドル幅は狭めだスッキリとしている、フジオリジナルのアルミ製ハンドルバーとステム。ハンドル幅は狭めだ
金属製のヘッドマークはこのブランドらしい日本とアメリカの国旗、そして富士山が入っている金属製のヘッドマークはこのブランドらしい日本とアメリカの国旗、そして富士山が入っている
Vブレーキを採用。フレームにはダボ穴があるのでリヤキャリアを取り付けられるVブレーキを採用。フレームにはダボ穴があるのでリヤキャリアを取り付けられる
リヤ変速機はシマノ・ALTUS。ワイドなスプロケットを装備しているので、都心の急な坂道もへっちゃらリヤ変速機はシマノ・ALTUS。ワイドなスプロケットを装備しており、都心の急な坂道もへっちゃら

インプレッション BY 齋藤むつみ・柄沢亜希

柄沢亜希 ドイツ的思考を持ち合わせるCYCLIST編集部の記者。在住経験のあるドイツを始め、趣味である旅や仕事で国内外へ赴く際には、愛車のロードバイクを持参できるか機会をうかがう今日この頃柄沢亜希
ドイツ的思考を持ち合わせるCYCLIST編集部の記者。在住経験のあるドイツを始め、趣味である旅や仕事で国内外へ赴く際には、愛車のロードバイクを持参できるか機会をうかがう今日この頃
齋藤むつみ クルマ業界に就職するも、自転車が好きすぎて自転車雑誌の編集部員へと転身。現在は自転車専門誌やトライアスロン専門誌などで執筆する、自転車歴10年強のライター・編集者齋藤むつみ
クルマ業界に就職するも、自転車が好きすぎて自転車雑誌の編集部員へと転身。現在は自転車専門誌などで執筆するライター・編集者

柄沢 一見、男性向けのバイクですが、それは試乗車の色のせいでしょうね。これは男性ウケが良さそう。私たちは一番小さいサイズの15”でちょうどよく乗れましたから、女性も乗れるクロスバイクです。私なら明るい色を選びたいな。

齋藤 ミリタリーな色でしたね。このオリーブとブラックは全体的にシックで、これはこれでカッコイイです。でも他の3色はいかにもフジらしい、遊びのある色なんですよね。女性ウケするのはベイビーブルーかな。名前もかわいいし。

柄沢 でも齋藤さんはこのバイクを色も含めて気に入ってましたよね。基本カスタム目線だからまたやりがいを感じるとか?

齋藤 ええ、まさに。何色を足していこうか考えるだけでウキウキしますよ。もちろんそれもありますけど、キビキビ走ってくれる、乗った印象も良かったんです。率直にこういうの1台あったらいいなって思いました。

柄沢 タイヤは28Cでも、重たい走行感ではなく、むしろどんどんスピードを上げたくなりましたね。適度に狭いハンドルがストリート向けの印象です。

齋藤むつみ

齋藤 気持よく走れましたね。このジャンルで比較すると、バイク自体の重さを感じさせない軽い走行感ですし、疲れそうな硬さがないので、乗りやすかったです。これが5万円台というのは、良い意味でショッキングですよ。

柄沢 たしかに、とても良心的な価格と性能ですね。構成パーツもシマノがメインですし、ハンドル周りはオリジナルパーツでまとめていますが、シンプルで悪くないと思います。

齋藤 最近は、5万円から10万円クラスのクロスバイクでも、ディスクブレーキを採用しているモデルが多くなりましたよね。ディスクブレーキのほうが良いパーツと見る人もいると思いますが、個人的にはVブレーキのほうが自分で調整が慣れているし、パッド交換も慣れているから不安なくできるので、Vブレーキ仕様もいいと思います。

柄沢亜希

柄沢 ホイールの着脱をするときにディスクブレーキは少し気を使いましたね。ところで、このパレットのフレームはアルミですが、バテッドチューブを使用して、強度を持たせるところと力を逃がすところを、必要に応じてパイプの肉厚で調整しているそうです。

齋藤 細身で、ストレートのパイプで構成されているから、スタイリッシュだけど、パイプの内側にキチンと仕事がされているから、乗りやすいんですね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション フジ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載