マスターズ競泳大会への出場を断念競泳大会出場に「待った」 アームストロングのスポーツ界復帰は実現せず

  • 一覧
ランス・アームストロングランス・アームストロング

 1月に自転車競技時代の禁止薬物使用を告白したランス・アームストロング(41)=米国=が、中高年による米国のマスターズ競泳大会(5~7日・テキサス州オースティン)に出場する動きを見せたことに、国際水連から待ったがかかった。最終的に出場を取りやめ、スポーツ界への復帰は実現しなかった。

 トライアスロンに親しみ、泳ぎは不得手ではない。AP通信によると、40~44歳の部の自由形3種目にエントリーし、タイムが2番目の種目もあった。国際水連が素早く反応し、4日に米国のマスターズ競泳大会を統括する団体に対し「この大会は世界反ドーピング機関(WADA)傘下である」との文書を送付し、出場を認めないよう求めた。これに従い、代理人が断念を明らかにした。

 マスターズ大会の関係者は当初「われわれは中高年が泳ぐことを推奨するのが使命。彼には泳ぐ資格がある」とコメントしていた。(共同)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ランス・アームストロング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載