国府田正司の「もう1つのツール」 stage3ヘルメットを忘れ、足に痛み…トラブルを乗り越えて

  • 一覧

 ※日本縦断自転車旅行「ツール ド ネットカフェ2012」に挑戦している“コーチャン”こと国府田正司さんによる連載です。
「ツール ド ネットカフェ2012」公式サイト

 「私はよく忘れ物をする。ただ、致命的なものは忘れないので、今まで何とかなってきた」

 ――前回の連載記事の冒頭である。そう、今までは何とかなってきたが、何ともならない事態に陥ってしまった。ヘルメットを忘れてしまったのだ。

 「第1ステージ」の続きとなる今回は、6月26日に浜松をスタート。5日間かけて、愛知、岐阜、滋賀と東海道~中山道を行き来しながら京都へ向かう。

 スタート日前夜、浜松へ降り立ち輪行袋から自転車を出したところで、初めて気づく。ヘルメットが、ない。車道も多く走る上で、無くてはならないものだ。

 時計を見ると、午後7時。浜松駅から数キロも離れていない「ミソノイサイクル」というお店を探し当て、電話でヘルメットの在庫を確認することができた。電話口の対応もよく、在庫もいろいろありそうでホッとする。ヘルメットは、軽さやデザインもあるが、自分の頭に合うかどうかが最重要だからだ。

 「ミソノイサイクル有楽街店」は浜松駅北側の繁華街にある。決して広くはないが、店内にはパーツ類のほか、ロード、MTB、TTバイクの完成車やフレームがギッシリ陳列されており、思ったよりもしっかりとしたお店であった。

 ヘルメットのコーナーは2階。売り物なのかディスプレイなのか、TTヘルメットも飾ってある。

おニューのヘルメットはSelev社の「マトリックス」おニューのヘルメットはSelev社の「マトリックス」

 大きな声では言えないが、普段愛用しているMET社の「ストラディバリウス」は、もう購入してからだいぶ経つ。経年劣化を考えると買い換えた方がいいな、と思っていたところなので、「緊急の代用品」ではなく、しっかりメインで使えるものにしたかった。

 4~5種類試着した後、一番しっくりきたのがSelev社の「マトリックス」。サイドに丸みがあるので、日本人の頭にフィットしやすい。それでいて被った時の“キノコ感”は少ない。後ろの締め付け部分が特長で、角度が上下に大きく可動するためちょうどいい前後位置にしつつ、後頭部をしっかり固定できる。反面、しっかりと締めないとグラグラ動いてしまうので、注意が必要かもしれない。

「らーめん るんるん」の浜松餃子。 両面焼きでカリっとした食感が、食欲をそそります「らーめん るんるん」の浜松餃子。 両面焼きでカリっとした食感が、食欲をそそります

 色は「レッド/ホワイト/カーボン」にした。今回の企画で使用しているジャージと自転車、またいつも着ているレース用ジャージと自転車、どちらでもおかしくないだろう。たぶん。

 安心できたところで、空腹を覚える。浜松餃子を食べ、英気を養った。

◇      ◇

 6月26日。浜松市を出発し、豊橋市、岡崎市と進む74km。浜名湖を横目に見ながら、東海道をひた走る。愛知県との県境付近に多少の山道があったが、特に問題もなく、追い風基調の中、快調に走行できた。

「あんかけベーコンエッグ」。卵の中に、固めに焼かれたパスタが隠れています「あんかけベーコンエッグ」。卵の中に、固めに焼かれたパスタが隠れています
「中強度の運動後、2時間座りっぱなしでゲーム」というインターバルトレーニング「中強度の運動後、2時間座りっぱなしでゲーム」というインターバルトレーニング

 午前11時前にはひとつ目の目的地である「ゲオカフェ豊橋藤沢店」に到着した。ここで、初めての「名古屋メシ」。「あんかけベーコンエッグ」というあんかけパスタをいただいが、濃い味付けの上に胡椒が効いており、非常にビールが欲しくなる一品であった。

 パスタでカロリーを補給したあと岡崎へ向かう。距離にして約35km。ここで、懸念していたトラブルに見舞われてしまう。右膝の外側、腸脛靱帯と右足首の痛みである。

 第2ステージ後に地元で参加したチーム練習中に痛み出したのだが、冷却と湿布薬で対処していた。その後群馬サイクルスポーツセンターで行われた40km程度のレースに出場。その時は何ともなかった。どうやら長距離を走ると痛み出すようである。

 このような痛みが出たのは初めてのこと。中強度の運動を1~2時間続けた後、2時間座りっぱなしでゲームをする。そして、また1~2時間走って2時間ゲーム。その繰り返しが良くないのであろうか…。

 いずれにしても、不安を抱えたまま、ツール・ド・ネットカフェ第3ステージの2日目を迎えることとなったのであった。

(つづく)
「ツール ド ネットカフェ2012」公式サイト

国府田正司国府田正司(こうだ まさし)
2008年よりダイエットのためロードバイクに乗り始め、現在では実業団レースなどへ積極的に出場。オンラインゲーム会社「NC Japan」社員。日本全国のインターネット・カフェを巡る企画を思いつき、単身、自転車旅に出る。好きなゲームは「タワー オブ アイオン」、好きな補給食はアンパン。特技は愛娘と特訓した「スマイルプリキュア!」ダンス。1977年生まれ、栃木県在住。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

国府田正司の「もう1つのツール」

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載