新城幸也、八重山出身者初の五輪選手に

  • 一覧

 日本自転車競技連盟は1日、ロンドン五輪の代表候補選手6人を発表した。トラック競技の男子は渡辺一成、新田祐大、中川誠一郎(いずれも日本競輪選手会)、女子は前田佳代乃(鹿屋体育大学)を選出。また、男子ロードレースでは、欧州のプロチームで活躍する別府史之(グリーンエッジ)、新城幸也(チームヨーロッパカー)を選出した。

 男子ロードレースの新城は、沖縄・石垣島出身。石垣市役所の担当者は「八重山諸島の出身者では、初の五輪代表選手だと思う」とし、新城は「島はお祭り騒ぎじゃないかな」と喜んだ。

 4年前は代表に入れなかったが、欧州を拠点に経験を積み、別府とともに日本ロードレース界を引っ張る存在へと成長した。「メダルを視野に入れて走りたい」と夏の舞台へ意気込んだ。(共同)

関連記事

この記事のタグ

ロンドン五輪 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載