社長や先輩社員と100kmの“サイクリング入社式”を開催 ホダカ

  • 一覧

 新年度がスタートした2013年4月1日、全国各地で入社式が行われる中、「マルキン自転車」などを開発・販売するホダカ(埼玉県越谷市)では、ユニークな“サイクリング入社式”が開催された。

珍しい“サイクリング入社式”。走り終えた後に記念撮影!珍しい“サイクリング入社式”。走り終えた後に記念撮影!

 この日、6人の新入社員を迎えた同社では、朝一番に行われた“通常の入社式”はそこそこに、スーツからお揃いのサイクルウェアに着替え、新入社員と社長をはじめとする先輩社員ら約30人が、自社製品にまたがっての100kmサイクリングへと出発した。

「我々“チームホダカ”は全員がレギュラーで、補欠はありません。今日からは一軍のレギュラーです」と新入社員6人を激励する山﨑一社長「我々“チームホダカ”は全員がレギュラーで、補欠はありません。今日からは一軍のレギュラーです」と新入社員6人を激励する山﨑一社長
先輩社員たちに見送られながらサイクリングに出発する新入社員たち先輩社員たちに見送られながらサイクリングに出発する新入社員たち
社長もサイクルウェアに身を包み、先頭を走りながら社員たちに声を掛け、サイクリングを楽しんだ社長もサイクルウェアに身を包み、先頭を走りながら社員たちに声を掛け、サイクリングを楽しんだ
途中、桜の綺麗なポイントで記念写真途中、桜の綺麗なポイントで記念写真

 これまで長く一般車をメーンに取り扱ってきた同社だが、5年前からスポーツライン「コーダーブルーム」を展開するにあたり、サイクリングの楽しみを自分たちでまず感じようと、全社を挙げてのサイクリング活動に取り組んでいる。新卒採用者に対しても3日間で約300kmを走る「内定者サイクリング」を行ってきたが、入社式でサイクリングを行うのは今年が初めての試みだという。

 ルートは越谷から千葉県の手賀沼に抜け、利根川沿いに出て成田市近くまでを往復する、決して楽ではないコース。新入社員たちは途中で坂や向かい風などの“手厚い洗礼”も受けながら、先輩社員らと語らいながら、春のサイクリングを楽しんだ。

少し日が傾いた夕方5時過ぎ、無事に本社へゴール少し日が傾いた夕方5時過ぎ、無事に本社へゴール

 100kmを走り終え、会社に戻ったのはスタートから約6時間後。無事ゴールした新入社員たちは「疲れたが楽しかった。これで会社の一員になれた気がします」と社会人生活への決意を新たにしていた。


関連記事

この記事のタグ

コーダーブルーム ホダカ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載