彦根、多賀、愛荘、豊郷、甲良1市4町の観光自由自在に「めぐりんこ」 滋賀でレンタサイクル事業スタート

  • 一覧

 彦根、多賀、愛荘、豊郷、甲良の1市4町が連携し、観光客らに自転車を貸し出すレンタサイクルサービス「めぐりんこ」を始めた。1市4町内の貸し出し・返却場所であれば、どこでも乗り返せるのが特徴で、もとの場所に戻らずに自由自在に動ける。さわやかな風や気温が魅力の観光シーズンが到来。関係者は彦根城や湖東三山、多賀大社など、域内の観光名所を回ってほしいと期待している。

 1市4町で取り組む湖東定住自立圏事業の一環。JR彦根駅前のアル・プラザ彦根や多賀町観光案内所、近江鉄道尼子駅(甲良町)など7カ所が貸し出し・返却場所で、自転車計97台を準備している。レンタサイクルは各地の観光地などで普及しているが、もとの場所に自転車を返さなければならないケースが多く今回の取り組みが注目される。

 オープンは4月21日で、JR彦根駅前で、セレモニーがあった。1市4町の関係者ら100人や、彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」などのゆるキャラが参加。市町の職員が貸し出し用の自転車に乗り、駅前周辺を走るパフォーマンスも行われた。

 彦根市観光振興課の谷澤幸治課長(52)は「1市4町にはさまざまな名所がある。この自転車を利用し、風を感じながら観光を楽しんでもらえたら」と話している。

 料金は3時間半300円、1日600円。電動アシストがついた自転車は3時間半600円、1日800円。問い合わせは彦根市観光振興課((電)0749・30・6120)。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載