バイクインプレッション2013「FELT Z4」 総合力を高めて新型へ移行したフェルトの快適系ロード

  • 一覧

 ドイツのバイクブランド、フェルトのロードバイクにはエアロダイナミクスを追求したARシリーズ、レースで理想的なパフォーマンスを発揮するFシリーズ、そして、走行性能と快適さを両立させたZシリーズがある。Zシリーズのフレームはホイールベースとヘッドチューブを長めにする設計で、ライダーの疲労を軽減し、長時間のライディングでのパフォーマンスの維持に貢献する。Z4は上位モデルとはカーボングレードを変えたコストパフォーマンスも高いモデルで、Z3、Z5、Z6とフレームは共通だ。

「FELT Z4」(フェルト Z4)「FELT Z4」(フェルト Z4)

「FELT Z4」 フェルト Z4
価格:302,400円(完成車)
サイズ:510、540、560
カラー:グロスカーボン
問い合わせ先:ライトウェイプロダクツジャパン http://www.riteway-jp.com

 

スペック

フレーム:Felt Endurance Road UHCパフォーマンス MMCカーボン
フォーク:Felt Endurance Road UHCパフォーマンス
変速機:シマノ・アルテグラ(F)&(R)
ギヤ:FSA・SL-Kライトコンパクト 50×34T、12-30T(10速)
ホイール:シマノ・RS20
重量: 7.69kg(560サイズ完成車)

コンフォート系であるZシリーズのフレームはヘッドチューブを長めにし、 ゆるやかな前傾姿勢が取れる設計が特徴コンフォート系であるZシリーズのフレームはヘッドチューブを長めにし、 ゆるやかな前傾姿勢が取れる設計が特徴
路面からの振動を適度にいなす、トップチューブとシートチューブ、シートステーの接合部路面からの振動を適度にいなす、トップチューブとシートチューブ、シートステーの接合部
FSA社のコンパクトクランクを採用。スプロケットもワイドギヤなので、ヒルクライム挑戦に最適FSA社のコンパクトクランクを採用。スプロケットもワイドギヤなので、ヒルクライム挑戦に最適

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中

米山 Zシリーズはフルモデルチェンジして、デザインがシャープになった。快適系のロードバイクでスローピング角度も大きいけど、ロードバイクらしい洗練された印象に仕上がっている。

松尾 ヘッドチューブを長く取り、剛性を過度にしない快適系ロードの代表車種ですが、コンセプト通り、ツーリングにはもってこいのバイクという印象でした。ガツガツ踏んで登るよりはゆっくり上りたいと思うし、全体的にマイルドです。落ち着いた乗り味が特徴ですね。

米山 そうだね。落ち着いているけど加速のフィーリングも良く、スッと出て行くし、上りもシッティングでスルスルっと行ける。尖ったところがないのが良い意味で特徴となって、遅くても速くても、変わらず気持よく走れるバイクだった。

松尾修作 VAX RACING with SAITAMA(バックスレーシング ウィズ 埼玉)所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ松尾修作
VAX RACING with SAITAMA(バックスレーシング ウィズ 埼玉)所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ

松尾 表面の硬さがなく、パワーで踏んでも跳ね返ってくる感触は薄いです。なので、絶対的な加速は得意ではありませんが、それでも気持よく加速できます。

米山 うん、そこは期待以上だったと思う。エンデュランス系だからといって、走行性能に不満はない。

松尾 フルモデルチェンジで、軽量化と高剛性化をしたようですが、トップチューブのねじれ剛性をそれほど高く感じないので、ダンシングよりはシッティングのほうが得意だと思いました。

米山 そう? ダンシングのフィーリングも良かったよ。瞬発的な加速を求めると得意とは言い難いけど、リフレッシュしたいときに入れるダンシングなら振りやすいと思うな。ロングライドにはもちろん向いているバイクだけど、順位を競うエンデューロ系のレースにもいいと思う。高速の下りが苦手なくらいで、あとは高いレベルだよ。

松尾 とにかく、気負わずに乗れるバイクですよね。 重たさや物足りなさのようなネガティブな印象はなく、 自分のペースで気持ちよく走らせてくれるコンセプトに沿った演出があります。剛性は高くないけど、そこはZシリーズとして良いところに収めている。高速域まで達しなくても、楽しめる1台です。

米山 ゆっくり走っても、バイクも機嫌良く付き合ってくれるから、長い距離を楽しみ、一日中サドルの上で過ごしたいライダーにオススメだね。試乗したのはアルテグラ仕様のZ4だけど、アルテグラDi2使用のZ3や105仕様のZ5もあるから、使い方や予算に合わせて選べるね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション フェルト

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載