東京・八重洲発着 「サイクリングバス」でらくらく往復5月の「富士ヴェロフェスタ」に国際興業の直行ツアーバスが運行決定

  • 一覧
サイクリングバスは観光バスのトランクに自転車を収納するサイクリングバスは観光バスのトランクに自転車を収納する

 5月11日(土)に富士スピードウェイで開催されるエンデューロイベント「FUJI VELO FESTA in FUJI SPEEDWAY」(通称:富士ヴェロフェスタ)で、東京駅から送迎を行う国際興業の「サイクリングバス」が運行されることが決まった。3月19日(火)からWEBで受付を開始する。

 バスは大会当日未明に東京駅を出発、早朝に会場に到着する。イベント参戦した後は現地を夕刻に出発し、その日のうちに東京駅に帰着するというスケジュールだ。

 従来、こうしたイベントに参加するためには、自家用車で往復するか、最寄り駅まで輪行して残りを自走するしかなく、参加者は大会参加前後にも体力を大きく消耗してしまいがちだった。サイクリングバスを利用すれば、イベントの前後に体力を余計に使う必要がなくなり、大会を全力で楽しむことができるだろう。

金属製の専用ラックを使用する金属製の専用ラックを使用する

 国際興業が昨年スタートさせた「サイクリングバス」は、参加者の自転車をバスのトランクに収納して輸送するツアーバス。専用ラックを使用することにより、安全、確実に多くの自転車を積載することができる。昨年は独自主催でのサイクリングツアーを主に実施していたが、今年はサイクルイベントとタイアップしての送迎ツアーも増やしていく予定だ。

 今年は4月に長野県で開催される「ツール・ド・八ヶ岳」、5月に三重県・鈴鹿サーキットで開催される「スズカ8時間エンデューロ」、6月に東北3県で開催される「サイクルエイドジャパン2013」でも運行予定。同社は全国の自転車イベント主催者に、参加拡大の手段としてサイクリングバスを提案していくという。

「FUJI VELO FESTA in FUJI SPEEDWAY」(通称:富士ヴェロフェスタ)送迎バス 概要
日程: 2013年5月11日(土) 日帰り
旅行費用: 6,980円(税込み、食事なし)
募集人員: 30名(最少催行人員 25名) 1名から参加可能
行程: 東京・八重洲(4:30発)=== 【首都高速・東名】 === 御殿場IC === 富士スピードウェイ(6:00着 ~~「富士ヴェロフェスタ」参戦~~ 17:00発) === 東京・八重洲(19:00着)
料金に含まれるもの: 往復バス代、自転車積載キット利用料、サイクルサポーター代
※別途「FUJI VELO FESTA in FUJI SPEEDWAY」のエントリー費用が必要
申し込み方法:
WEBサイト http://www.kokusaikogyo.co.jp/travel/cybus/event/fujivelo/index.html

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

国際興業 富士ヴェロフェスタ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載