1年に1度、自動車専用道をサイクリストに開放「第2回嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム」9月8日開催 “さわやか街道”を走ろう!

  • 一覧

 昨年9月に初開催された「嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会」が、今年も9月8日に開かれることが決まった。群馬県嬬恋村の高原を駆け上るこの大会のコースは、普段は自動車専用道のため自転車で走ることができない。1年に1度だけ、サイクリストに開放されるスペシャルな大会だ。

昨年の「嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム」のレポート

昨年の大会のワンシーン。美しい高原のハイウェーを駆け上る選手たち昨年の大会のワンシーン。美しい高原のハイウェーを駆け上る選手たち

 「万座ハイウェー」は、道路にまつわる歴史、文化、景観、コミュニティなどを生かして地域活性化を図る「浅間・白根・志賀さわやか街道」に含まれ、高原特有の気候風土や美しい眺望、豊富な観光資源で知られている。

 ヒルクライム大会のコースは、計測区間が約18km、標高差約912m。全体の平均勾配は約5.0%とヒルクライムレースの中では比較的穏やかで、昨年の完走率は98%にのぼるなど、初心者や女性にも挑戦しやすいコースだ。

昨年の大会のワンシーン。勾配の変化に合わせてペースをコントロール昨年の大会のワンシーン。勾配の変化に合わせてペースをコントロール

昨年のコース事前ルポ(動画で紹介)

 昨年の大会には「Cyclist」編集長も参加。標高が上がるにつれて眺望が開け、時折絶景を望みながらのライディングは爽快だった。途中に給水所が設けられ、休憩もできるため、参加者はそれぞれ自分のペースで不安なく走ることができた。

 昨年はフィニッシュ後、地元・嬬恋村のみなさんによって振る舞われた特産のキャベツなど大量のおもてなしが選手たちに大好評! 今年もさまざまなグルメが用意されるという。

昨年の大会のワンシーン。小学生はお父さんと一緒に走った昨年の大会のワンシーン。小学生はお父さんと一緒に走った
昨年の大会のワンシーン。総標高差912mを登りつめ、ついにフィニッシュラインへ昨年の大会のワンシーン。総標高差912mを登りつめ、ついにフィニッシュラインへ
昨年のレース後には、笹まんじゅうをはじめキャベツ、トウモロコシ、ジャガイモなど地元の特産品がふんだんにふるまわれた。今年も用意されるという昨年のレース後には、笹まんじゅうをはじめキャベツ、トウモロコシ、ジャガイモなど地元の特産品がふんだんにふるまわれた。今年も用意されるという

 温泉宿泊施設の充実ぶりも魅力だ。フィニッシュ地点の万座温泉エリアに宿泊するか、レースに備えてスタートに近いエリアに宿泊するか、選ぶのはあなた次第。軽井沢エリアもそう遠くないので、レースに出場しない家族にとってもさまざまなレジャーを楽しむことができる。

 今大会でも昨年同様、レース参加費と宿泊代がセットになったお得な宿泊パックが用意される。エントリー受付は4月1日から。気の合う仲間と、あるいは家族と一緒に、初秋の嬬恋高原で満足度たっぷりの週末を過ごそう!

■「第2回嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会」公式HP
 

開催概要
【名称】第2回 嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会 ~浅間・白根・志賀さわやか街道を走ろう!~
【開催日】2013年9月8日(日) 
【コース】万座ハイウェー特設コース(群馬県吾妻郡嬬恋村)
計測距離:約18km 標高差:約912m 平均勾配:約5% 最大勾配:約9%
【主 催】嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会実行委員会 
【募集人員】2,000人
【参加料】7,000円(中学生以下5,000円)
【参加資格】小学生(大会当日)以上の男女で、本コースを競技時間内に完走できる体力のある方
【募集期間】4月1日(月)~8月20日(火)
※西武トラベル、スポーツエントリー、ファンライドにて受付。定員に達し次第締め切り
【公式サイト】http://www.enjoysport.jp/event/koihill/
【問い合わせ】嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会事務局(株式会社デポルテ内)
〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-21-3-1202
TEL:03-6277-5310(平日10時~17時)info@deporte.jp
※大会詳細は随時、公式サイトで発表されます

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ヒルクライム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載