title banner

きょうの自転車イタリア語・TAPPA 12VORREI PROVARE QUESTO ―これを試着してみたい!

  • 一覧

TAPPA 12

履いてみたいシューズはどれ?履いてみたいシューズはどれ?

 テーマは「vorrei fare」、つまり「(何かを)してみたい(なぁ)」です。前回紹介した表現vorreiを、今回も使うことができます。

 このvorreiという言葉は、動詞の原形を組み合わせると、丁寧に「してみたいです」という意味になります。特にショッピングに使える表現ですので、使い方をマスターしましょう。


使い方

ショップでは
Vorrei comprare questi guantiこのグローブを買いたいのですが
Vorrei provare queste scarpeこのシューズを履いてみたいのですが
Vorrei vedere questa biciclettaこの自転車が見たいのですが
Vorrei assaggiare questo salameこのサラミを味見したいのですが
日常生活では
Vorrei abitare in Italiaイタリアに住みたいなぁ
Vorrei riposare休みたいなぁ
Vorrei dormire寝たいなぁ

 

文法ポイント

 前回見た「vorrei」は「ほしいなぁ」を意味しましたが、動詞の原形を加えることで「したいですが」または「したいなぁ」に変わります。

 文法はとても簡単です。「vorrei+したいこと(動詞の原形)」です。例えば「自転車を買いたいのですが」は次のようになります。

 Vorrei (したい)+comprare(買う・原形)+una bicicletta (自転車1台)

 「アイスを食べたいなぁ」では?

 Vorrei (したい)+mangiare(食べる・原形)+un gelato(アイス)

 市場やスーパーへ行った際、味見ができる所が多いので、assaggiare(アッサッジャーレ→味見する)という動詞を覚えておくと便利です。Vorrei assaggiare questo(これを味見してみたいのですが)と言っても、たいていの人は嫌な顔はしません。イタリアへ行ったら、積極的に使いましょう。


つれづれイタリア~ノ!

「イタリアはチョコの国?」

 チョコと言えば、スイスやベルギーが有名ですが、実はイタリアもチョコ生産国・消費国として高い位置を占めています。EU内の生産量としては、ドイツ、フランス、イギリスに次ぐ4位です(イタリア菓子協会データより)。

 実はイタリアは世界で大人気の商品を2つ作っています。丸い形のチョコ「Baci(バーチ)」と、世界中でもっとも売られているチョコクリーム「Nutella(ヌテッラ)」です。

 「バーチ」はキスを意味し、ペルジーナ社が作る主力商品のひとつです。歴史は古く、1920年にまでさかのぼります! チョコとヘーゼルナッツがベースで、おいしさに加えてチョコを包んでいる愛のメッセージが若いカップルの間で流行ったため、一気に人気に火が付きました。

 現在も、恋人へのプレゼントと言えば「とりあえずバーチだ!」と定番になっています。

 フェッレーロ社が作るヌテッラは、歴史が比較的浅く1964年に誕生しました。発売された当時、イタリアの子供たちの間で爆発的な人気が出ました。現在、イタリアナショナルサッカーチームのスポンサーのひとつになっています。

 さらにヌテッラは、自転車競技とも深いつながりがあります。ジロ・デ・イタリアのスポンサーであるアイスティーブランド「Estathé(エスタテ)」は、フェッレーロ社の人気商品、つまりヌテッラの生産元と同じなのです。

 フェッレーロ一族は自転車競技が好きで、ヌテッラで得た資金を使ってジロを支えています。ヌテッラは、日本のスーパーでも売っていますので、ぜひ食べながらジロ・デ・イタリアを応援しましょう。

フェッレーロ社の人気商品「Estathé」はジロ・デ・イタリアのスポンサー。モトバイクが走行中の選手にサービスする光景も(ジロ・デ・イタリア2011)フェッレーロ社の人気商品「Estathé」はジロ・デ・イタリアのスポンサー。モトバイクが走行中の選手にサービスする光景も(ジロ・デ・イタリア2011)

マルコ・ファヴァロMarco FAVARO(マルコ・ファヴァロ)
イタリア語講師。イタリア外務省のサポートの下、イタリアの言語や文化を世界に普及するダンテ・アリギエーリ協会で、自転車にまつわるイタリア語講座「In Bici」(インビーチ)を担当する。サイクルジャージブランド「カペルミュール」のモデルや、Jスポーツへ「ジロ・デ・イタリア」の情報提供なども行なう。東京都在住。ブログ「チクリスタ・イン・ジャッポーネ

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

きょうの自転車イタリア語

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載