独、デンマークの2社とタッグヤマハが欧州で電動アシスト自転車用部品拡販 15年に10万台、OEM供給本格化

  • 一覧
電動アシスト自転車「PAS」の新シリーズを紹介するヤマハ発動機の柳弘之社長(中央)=3月14日、東京都新宿区電動アシスト自転車「PAS」の新シリーズを紹介するヤマハ発動機の柳弘之社長(中央)=3月14日、東京都新宿区

 ヤマハ発動機は、欧州で電動アシスト自転車用の駆動装置(ドライブユニット)や電池などの部品販売を強化する。今年に入りドイツとデンマークの自転車メーカーとOEM(相手先ブランドによる生産)供給を開始した。もともと環境意識が高い欧州では健康志向も高まっており、需要拡大が見込めると判断。2015年に10万台分の部品販売を目指す。

 OEM供給を始めたのは、ドイツの「ヴィノラ」とデンマークの「サイクルビジョン」の自転車メーカー2社。駆動装置だけでなく、電池なども含む。ヤマハ発は1993年に世界で初めて電動自転車を商品化。心臓部といえる駆動装置などの技術力も高い上、現地の2社はいずれも欧州で強力な販売網と高いシェアを持つことから、拡販が可能と判断した。

ヤマハ発動機の電動アシスト自転車用システムキットヤマハ発動機の電動アシスト自転車用システムキット

 欧州の電動自転車市場は85万台規模だが、需要が旺盛なドイツ、オランダに加え、フランスやベルギーでも拡大の兆しをみせており、ヤマハ発では15年に欧州全体で130万台まで伸びると予測。将来的には「アフターサービスも含め差異化を図る」(森本実SPV事業部長)ため、欧州内にサービス・営業拠点を新設することも視野に入れる。

 昨年から始めた台湾メーカーへのOEM供給では「まだ数千台規模にとどまっている」(森本事業部長)が、市場規模からみて欧州では大きなビジネスになるとみている。

 一方、国内向けでは3月14日、初めて3種類のセンサーを搭載し、より快適な走りを実現した「PAS」の新シリーズ(希望小売価格10万8000円から)を発売した。国内市場は子育て世帯や高齢者らに支持され、40万台規模まで広がっている。同社の柳弘之社長は海外販売も拡大することで「15年に電動バイクなどを合わせ世界販売を100万台に引き上げる」との目標を掲げる。

SankeiBizより)

関連記事

この記事のタグ

e-BIKE ヤマハ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載