まず食品宅配サービスで協業自転車を活用した宅配サービス「エコ配」が楽天と資本業務提携 東京都内の配送で連携

  • 一覧

 リヤカー付自転車を用いた宅配サービスなどを展開するエコ配(東京都港区、片地格人社長)は、インターネットサービス大手の楽天(東京都品川区、三木谷浩史会長兼社長)と資本業務提携を結んだ。両社が3月8日に発表した内容によると、楽天がエコ配の株式の15%を保有して株主になるとともに、協業の第一弾として、楽天の食品宅配サービス「楽天マート」の配送にエコ配が加わった。

 両社は今後、エコ配が強みを持つ事業者向け集配でも協業を進めるとともに、東京以外の大都市圏での連携も検討していくとしている。

 楽天は、ネット上の仮想商店街「楽天市場」の出店店舗のために、物流子会社「楽天物流」を2010年に設立。各店舗の在庫管理、梱包、配送、カスタマーサービスなどを総合的に支援している。エコ配は今回の資本業務提携にともない、楽天物流の恵谷洋社長を社外取締役に迎え、楽天グループの物流サービス向上にさまざまな面で貢献していく構えだ。

 エコ配は、リヤカー付自転車による配送や、電気自動車を用いた配送方法の採用など“エコロジー&エコノミー”な宅配便サービスを展開。車両保有台数は自転車177台、軽自動車161台、バイク25台(2012年6月30日現在)と、自転車を積極的に活用している。東京・名古屋・大阪の三大都市圏で30超の配送拠点を持ち、顧客数は約10万社、月間の取り扱い荷物数は100万個を突破しているという。

 また昨年8月には、世界各地を旅した冒険サイクリストの山田美緒さんとスポンサー契約を結んだ。山田さんは現在、子育てをしながら、四国を自転車で巡る「コグウェイ四国」や、自転車で走ることで中東の平和を願う「Follow the Women」日本支部の代表を務めている。エコ配は山田さんの活動を支援するとともに、女性スタッフにとって働きやすい職場環境づくりなどで山田さんからアドバイスを受けている。

■山田美緒の「旅する満点バイク」

「エコ配」ホームページ
 

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載