title banner

西加南子の“勝手に”サイクルカフェ紀行<3>オーガニック食材のカレー&ラーメン「グレイト」 食べきった後の器の底を見ればテンションアップ間違いなし!

  • 一覧

※国内女子トップクラスのロードレーサー、西加南子さんによる新連載です。

シーズン中もOKなヘルシーカレーライス&ラーメン

「グレイト」外観=千葉県市川市「グレイト」外観=千葉県市川市

 今回紹介する「グレイト(GR8)」は、第1回と同様、ホームトレーニングコースの江戸川を走り終えた後に寄る店。私は、吸い寄せられるようにここのカレーを食べたくなる時があります。

 カレーライスとラーメンと言えばアスリートには禁断の2品ですが、私はレースシーズン中もタイプを選んで食べています。グレイトのメニューは、可能な限り無農薬・低農薬の素材を使って調理された“自然派”。かといってベジタリアン向けというわけでもなく、トッピングに肉なども用意されていますよ。

 カレーのルーは、小麦粉で作られたいわゆる欧風カレーではなく、植物系の出汁から作ったスープタイプです。スパイスとの相性がとてもよく、塩分が控え目でも物足りなさを感じさせない味わいです。栄養バランスに優れているので、シーズン中の選手にとって安心なだけでなく、身体を絞りたい人にも向いているカレーだと思います。

「季節野菜の和風カレー」(700円)「季節野菜の和風カレー」(700円)
「季節野菜のグリーンカレー」(750円)「季節野菜のグリーンカレー」(750円)

 私の定番は、「季節野菜の和風カレー」(700円)と「季節野菜のグリーンカレー」(750円)。和風カレーはスパイスの効いた透き通ったスープに季節の野菜が盛りだくさんに入り、玄米とスープがとてもよく合うんです。グリーンカレーは、和風に比べるとスープにとろみやココナッツのこくがあるものの、さっぱりとした風味。こちらも野菜がたっぷりで、スパイスがとてもいい香りです

平牧ポーク(300円)は大好きなトッピング平牧ポーク(300円)は大好きなトッピング

 野菜だけで物足りない人には、山形・平田牧場や宮崎・刀根養鶏場から取り寄せたポーク(300円)やチキン(250円) のほか、とろーりチーズ・えび・お野菜ダブル・平牧(ひらぼく)ソーセージ(各200円)などをトッピングで注文することができます。私のお勧めは、平牧ポーク! 臭みがなく旨みがありとてもおいしいですよ。

 どちらのカレーも、玄米か、香川産減農薬小麦に茨城産無農薬コシヒカリ玄米をブレンドした自家製麺のどちらかを選択することができます。玄米でも麺でも合うから不思議。「炭水化物をたくさん摂りたい」という人は、麺で注文して食べてから、残ったスープに玄米追加…なんてこともできてしまいます。

 塩分が控え目なカレーは、最後までおいしく食べることができます。そして食べきった後の器の底には、「グレイト!」の文字。これになんだかテンションが上がるんですよね。そんなところも、私のお気に入りです。

自分が「グレイト!」って言われているみたいで嬉しい自分が「グレイト!」って言われているみたいで嬉しい

カフェのような空間と、自転車好き店長

「玄米もちぜんざい」(300円)「玄米もちぜんざい」(300円)

 メニューにはそのほか、1品料理や定食、デザート、お酒も揃っています。どれもこだわりが感じられますが、デザートの「玄米アイス」と「玄米もちぜんざい」(各300円)はお勧め。甘さ控えめであっても、玄米の食感に満足感を得られます。あ、トムヤムクンラーメンもお勧めですよ(きりがない)。

 場所は、京成線市川真間駅からJR市川駅方面に続く「真間駅前通り会商店街」。グレイトの入口側は大きなガラス張りなので、店内からも外をよく見通すことができます。盗っていく人はいないと思いつつも、店の前に置いてある店長の仕入れ用バイクに自転車を繋ぎとめます。油断禁物、食べ物に集中していて気づいたら自転車が無かった…なんてことになったら悲劇的ですからね。

「グレイト」店内「グレイト」店内
自転車は店長の仕入れバイクにロック。「グレイト」外観=千葉県市川市自転車は店長の仕入れバイクにロック。「グレイト」外観=千葉県市川市

 余談ですが、私はちょくちょく自転車を盗まれる夢をみます。そんなときは半泣きで起きるのですが、シートピラーだけ残ってたという夢だったこともあり、この時はさすがに笑いました。それもあって、駐輪にはとても慎重です。

 店内は、ラーメンとカレーの店だからといってギュウギュウ・ギトギトではありません。女性1人で訪れても、気軽にカウンター席に座ることができる、カフェのような雰囲気です。

河原店長と。1人の時は決まってカウンター席に座る河原店長と。1人の時は決まってカウンター席に座る

 カウンターで話していてわかったのですが、実は、店長の河原さんは自転車が好きなんだそうです。今は乗る機会が減ってしまっているものの、持っているだけでいつでも乗れるという安心感があると話してくれました。わかります、その気持ち(笑)

 なるほど、最初にジャージ姿で店に入った時のまなざしが温かかったのは、そういうわけだったんですね。最近では、ジャージ姿で来店する人も増えているのだとか。嬉しいことですね。

自然派レストラン「グレイト(GR8)」
所在地: 千葉県市川市市川1-26-10
TEL/FAX: 047-702-8887
営業時間: 昼11:30~15:00(L.O)/夜18:00~24:00(L.O)※月曜日は昼のみ営業
定休日: 月曜の夜(祝日の場合は翌日夜に振替)

文・写真 西加南子

西加南子西加南子(にし・かなこ)
日本大学短期大学在学中、トライアスロンを始める。1994年、サイクルショップ「ズノウイースト」(千葉県船橋市)にて本格的に自転車ロードレースを開始。8年間「チーム ラバネロ」に所属し、2010年からは自身のチーム「Luminaria」を運営・活動する。座右の銘は「女は年齢じゃない、肌と筋肉だ!」、自他共に認めるカフェ好き。千葉県在住。ブログURL(http://www.kanakonishi.com/)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

グルメ サイクルカフェ紀行

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載