アクセス上位記事からわかるトレンドCyclistのニュースを年代別に振り返り③2018〜2020年 話題になった記事とは?

  • 一覧

 Cyclistでこれまで取り上げた記事を年代別に振り返り、話題になったニュースをピックアップしてご紹介するコーナー。最終回は2018年~2020年を振り返ります。

2018年

 2018年のナンバーワンは、人気連載『栗村修の輪生相談』からの記事でした。本連載において、人気になる記事ほど、世の中のサイクリストの本音を代弁してくれた質問のように思えます。「アルミフレームからカーボンへの乗り換えでしっくりこない」というのも、少なからずそう感じている人がいるのではないかと思われます。

軽量性や緻密な剛性設計が行えるカーボンフレームには多数のメリットがありますが、しっくりこない人もいるようです Photo: Yuzuru SUNADA

 ちなみに、連載は2013年7月から始まり、今年3月には200回を超える長寿連載(201回まで掲載)になりました。読者からの悩みに、ユーモア溢れ、的確に回答してくれた本連載は、多くの学びと笑いがあり、編集部員一同、毎回楽しみにしていた企画です。毎回、数多くの方からの質問いただき、愛される連載となりました。この場を借りて、栗村さん、読者の皆様に厚くお礼申し上げます。

 そして、2018年を振り返るうえでは外せないのが「ディスクロード」です。ディスクロードの話題が日に日に大きくなり始めたころだったと記憶しています。それを反映してか、人気記事にもシマノの105ディスクブレーキモデルがランクイン。当時の編集部員もみな、キャリパー派だったので、新しい時代の到来を予感しておりました。

2019年

 2019年の1位は、人気連載『栗村修の輪生相談』のなかでも伝説的な記事『16歳男性「夜の営みは競技に影響を与えますか?」』です。いわゆる“下に関するご相談”なわけですが、回答の秀逸さから、SNSでバズり続け、Facebookのいいねは4000を超えました。記事中の“オールアウト”という言葉は、世の人のオールアウトという言葉へのイメージを変え、語義さえ変化させてしまうのではと思わせたほどです。もともと人気連載でしたが、人気をもう一段高めた記事になったという印象が強く残っています。

3週間もあるグランツールの場合は一体どうするのかという素朴な疑問もありますよね Photo: Yuzuru SUNADA

 第2位は、24時間テレビのドラマスペシャル『絆のペダル』のモデルとなった宮澤崇史さんに腹筋の重要さについて教えていただいた記事です。母を病から救うため、生体肝移植を行い、体幹にメスを入れた宮澤さん。宮澤さんの不屈の闘志には心動かされるものがあり、それと同時に、ロードバイクを速く進めるために、いかに腹筋が大切かもわかります。宮澤さんのエピソードはサイクリング界の歴史に残しておきたい感動と多くのサイクリストにとっての学びがあると思います。

元プロロードレーサーの宮澤崇史さんにロードレースにおける腹筋の重要さについて話を聞きました Photo: Masahiro OSAWA

2020年

 2020年のトップはタイヤ幅の話。25Cサイズはすでに主流になりましたが、さらにワイド化する気配のあったタイヤ幅について、安井行生さんに執筆いただきました。安井さんも非常に面白い方で、どんな質問にも、想像以上の答えを返してくれました。必ずと言っていいほど、原稿にはクスッとした笑いがちりばめられていました。他誌では、クールな印象ですが、Cyclistでは意外な一面を見せ続けてくれたように思えます。多数の記事を執筆いただいた安井さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

25cサイズのタイヤは定着しましたが、その後はどうなるのかを考察した記事です Photo: Masahiro OSAWA

 第5位のローラーをテーマにした記事は、インスタグラマーの篠さん執筆という面も多分にありますが、ローラーネタが年間を通じて5位に来るというのは、やはりコロナ禍という世相を反映したと言えるのではないでしょうか。ちなみに、2位にも篠さん執筆の記事がランクイン。インスタグラムを拝見しても、これでもか、というほどの自転車愛に溢れ、多くの人を惹きつけてやまないのでしょう。それがランクインにつながったと思います。

篠さんのローラー部屋に潜入! 提供: 篠

 最後に、Cyclistは3月31日をもって更新を停止しますが、6月30日までコンテンツを閲覧することができます。少しでも多く方の記憶の片隅に、Cyclistという自転車メディアが存在していたこと、そして一つでも、記憶に残る記事があってくれればと願っています。

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載