休日に一往復 来年以降の本格運行も計画中自転車と一緒に乗車できる「にゃんよ号」 愛媛のJR予土線で20日から運行

  • 一覧
サイクルトレインのPRチラシ。えひめ南予観光PRキャラクター「にゃんよ」が車掌に扮するサイクルトレインのPRチラシ。えひめ南予観光PRキャラクター「にゃんよ」が車掌に扮する

 JR予土線の利用と愛媛県南予地方のサイクリングによる活性化を図ろうと、自転車と一緒に乗車できる専用車両を連結した「サイクルトレインにゃんよ号」が、20日から運行される。

 平成26年度に予土線の宇和島~近永間が開業100周年を迎え、サイクルトレインの本格運行が計画されていることから、その実証実験となる。サイクリング客に予土線を利用してもらい、四万十川の景観をアピールすることで、交流人口を増やす狙い。

 同県南予地方局は、運行に合わせて沿線の周遊ルートなどを紹介した「よどせん散策マップ」を作製。JR主要駅で配布するなど周知を図る。

 運行期間は、春季が20日~5月12日の土日祝日とGW期間中。夏・秋季は7月20日~10月27日の土日祝日で、いずれも1日1往復。自転車の乗降可能駅は宇和島、務田、近永、松丸、江川崎の各駅。

 普通運賃のみで、自転車の持ち込みは無料。定員は20人で事前予約が必要だが、定員に満たない場合は当日乗車も可能。

MSN産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キャラ/着ぐるみ 輪行

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載