バイクインプレッション2021ヒルクライム特化型の軽量モデル ファクター「O2 V.A.M」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 イギリス発のブランドFACTOR(ファクター)のロードバイク「O2 V.A.M」のバイクインプレッションをお届けする。ノーマルモデルのO2からさらに重量を削った超軽量モデルだ。Cyclist編集部の松尾と、サイクルボーイズの森の2人で試した。

ファクター「O2 V.A.M」 Photo: Masami SATOU

 ファクターはエンジニアリング会社から生まれたバイクブランドで、創業は2000年代後半からと新興メーカーに分類される。一方、得意とする工学技術を駆使し、独創的かつ優れたバイクを開発。2018年にはUCIワールドチームのAG2Rが、今季はイスラエル・スタートアップネイションが同ブランドを採用している。

V.A.Mはジオメトリーやトップキャップの形状など、ノーマルのO2と異なり専用設計に Photo: Masami SATOU

 ラインナップ中、オールラウンダーとして位置付けられているのが「O2」だ。中でも、超軽量モデルとして開発されたのが今回試したO2 V.A.Mである。V.A.Mは「Velocita Ascensionale Media」の略で、クライミング中の平均速度を表している。つまり、上りをターゲットに設計されたモデルである。

 スペック上の軽さはリムブレーキ版で630g、ディスクブレーキ版で700gと非常に軽い。少しでも重量を軽くするため、フレーム表面はヌードカーボン仕様のみ。ノーマルのO2と一見すると同デザインだが、ヘッド形状やケーブルルーティング、ジオメトリーが異なっている。今回紹介する54cmサイズのペダル付き実測重量でも6.8kgジャストであった。

シートステーも極細の形状 Photo: Masami SATOU
肩から先端にかけてテーパードする形状のスリムなフォークを採用 Photo: Masami SATOU

森光流インプレッション

 ダンシングの軽さが際立つのが第一印象であった。滑るようにスムーズに加速していく。一方で、低速域でのフィーリングはいいものの、個人的には中高速行きの伸びがもう一歩かとも感じた。細身のフォークは推進力をスポイルしないものの、ディスクブレーキのストッピングパワーに少し負けている点も少々気になった。

軽量級の選手と相性がいいだろう。上りが多いコースで成績を狙いたいライダー向け Photo: Masami SATOU

 だが、ヒルクライムレースに絞れば真価を発揮する。富士ヒルクライムや乗鞍、台湾KOMといった長い距離のレースから、急勾配区間が出現するイベントまで軽さを生かして対応していけるだろう。山を楽しみ尽くすには最適なバイクである。

松尾修作インプレッション

 持っても走っても軽さが目立つバイクだ。特にフロント周りは浮遊感とも言える飛んでいくような加速感が味わえる。一方で、これは好みもあるとは思うが、踏み応えは少なく、掴みどころを探すのは難しい。フワッ〜と速度が上がっていく感覚は独特であるし、ヒルクライマーなら好きなフィーリングかもしれない。

軽さからくる独特な浮遊感が持ち味 Photo: Masami SATOU

 全体的にピーキーではないものの、クセはあるので、バイクの特性が生きるフィールドで走らせた方がいい。上りでの速さは間違いないうえ、デメリットも現れづらい。体重も60kg台前半までで、理想は50kg台のライダーであれば真価を発揮させられるのではないか。極端な軽さに仕上げてきたV.A.Mだが、ユーザーにとっては選択肢の一つとして用意されていることは喜ばしい。是非ともノーマルのO2にも乗って両車を比較してみたい。

■ファクター「O2 V.A.M」

税別価格:590,000円(フレームセット)
フレームサイズ:49、52、54、56、58
フレーム重量:700g(サイズ54 ディスクブレーキ)
Fフォーク重量:336g(ディスクブレーキモデル)

森光流

日本写真判定の新入社員として、YouTubeチャンネル「サイクリストTV」の企画「サイクルボーイズ」に出演中。社会人チームの「イナーメ信濃山形」に所属し、JBCFのカテゴリーはE1。ロードからトラック、マウンテンバイクレースに至るまで幅広い種目に挑戦中。

松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

バイクインプレッション ファクター

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載