エウスカルテルチーム インサイドリポート<1>「金字塔」への第一歩

  • 一覧

 エウスカルテル・エウスカディは、スペイン・バスク地方を拠点とし、得意の山岳ステージで熱いレースを繰り広げるプロサイクリングチームだ。筆者がツール・ド・フランスでこのチームと寝食をともにする帯同取材は、今年で5年目。チームのインサイドリポートをお伝えする。(写真・文 和田やずか)

◇            ◇

 北京オリンピックのゴールドメダリストで、昨年のツールでは山岳賞を獲得したサムエル・サンチェスをエースとし、『まずは区間一勝、そしてゴールのシャンゼリゼで3位以内の表彰台を狙う』。それがチームの目標だ。

期待を背負い、プロローグで力強く踏み出すエースのサムエル・サンチェス期待を背負い、プロローグで力強く踏み出すエースのサムエル・サンチェス

 『フレッチャ(=チーム内で筆者のあだ名)、このバイクで今年は表彰台を狙うぞ!』。プロローグの日の朝、メカニックの一人がそう語った。

 オーナーのミゲール・マダリアガの信念は、“ひとつの家族”としてのチーム。選手とスタッフが一人ひとりの力を結集し、彼らが目標とするツールでの金字塔を打ち建てるための長い旅路が、いま始まった。

オーナーのミゲール・マダリアガはチームのお父さん。 選手のヘルメットを外しながら労いの言葉を掛けたオーナーのミゲール・マダリアガはチームのお父さん。 選手のヘルメットを外しながら労いの言葉を掛けた
スタート前に余裕のポーズ。ツール・ド・フランスは、まだ始まったばかりだスタート前に余裕のポーズ。ツール・ド・フランスは、まだ始まったばかりだ

和田やずか和田やずか(わだ・やずか)
1997年よりフリーランスで写真を撮り始め、一般誌や広告などのほか、自転車関係の写真を多く手がける。ツール・ド・フランス出場のプロチーム「エウスカルテル・エウスカディ」(スペイン)に帯同するのは今年で5回目。レース以外に選手が見せる表情や舞台裏などを写す。

この記事のタグ

エウスカルテルチーム インサイドリポート ツール・ド・フランス2012

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載