バイクインプレッション2021エアロ、軽さ、美しさの3拍子揃った新世代機 ウィリエール「フィランテSLR」

  • 一覧

 イタリアンブランドWilier(ウィリエール)から、エアロロードの新作「フィランテSLR」が登場した。空気抵抗を削減し、かつ美しいデザインを実現したフラッグシップモデルの1つだ。Cyclist編集部の松尾修作と、サイクルボーイズ(サイクリストTV)の森光流が試した。

ウィリエール「フィランテSLR」 Photo: Masami SATOU

 ウィリエールは先に「ゼロSLR」という、ケーブルフル内装の電動専用コンポーネント専用設計のオールラウンダーをラインナップしていた。軽量かつ優れたエアロ性能効果を誇っていたが、純エアロロードとしての役割をフィランテSLRへと託すことになった。

電動コンポーネント専用設計の美しいスタイリング Photo: Masami SATOU

 ゼロSLRには高い弾性率と耐熱性を持つ液晶ポリマーがフレーム素材に用いられていたが、フィランテSLRにも同様にこれを採用した。エアロロードの前代「チェントディエチ プロ」からシェイプアップしたデザインは、十分なダイエットを果たし、フレーム重量で約880g、フロントフォークは約335gと軽量カテゴリーに属すほどの軽さを実現している。

日本仕様ではより軽量でサイズが豊富な「ゼロバー」が付属 Photo: Masami SATOU
シートステーは優れたエアロ効果を生む設計 Photo: Masami SATOU

 日本仕様のフレームセットおよび完成車には、本国仕様の「フィランテバー」とは異なり、「ゼロバー」が採用されている。これはフィランテバーを使うとポジション出しが難解になるためで、ステム長が13mm刻みだったり、フォークのコラム上部をカットする必要がある(それ以上ハンドルポジションを上げられなくなる)からだ。ゼロバーは50gほど軽いうえ、C-C40cmで100mmという日本人に馴染み深いサイズも用意されているので、幅広い層にマッチするだろう。フィランテバーもオプションで選択することも可能だという。

森光流インプレッション

 このバイクを試乗した日は風がかなり強いコンディションだった。エアロロードは横風に対してセンシティブであり、あまりいいイメージを持っていなかったが、フィランテSLRはそれを味方につけ、後ろから後押ししてくれるような印象を持った。

風を味方につけるデザインと軽さが魅力 Photo: Masami SATOU

 下りから平坦にかけての伸びはもう少しあってもいいかと感じた。もし自分がレースで使うのであれば50mmほどの高いハイトのホイールを使用し、さらにエアロ効果を高めたいところ。それでも軽さは特筆すべきものがあり、上りでの加速感は素晴らしい。

松尾修作インプレッション

 扱いやすさと軽さが印象的なエアロロードだ。これまでのエアロロードは、空気抵抗が少ない一方で、チューブの形状から縦剛性が高くなる傾向にあった。しかし、近年はカムテール構造やデザインに工夫を用いることでこれが解消傾向に。中でもフィランテSLRはさらに抜きん出た扱いやすさを感じられた。トルクかけて踏み込んでも激しく反発することもなく、足へのダメージは大きくない。だが、ソフトな印象もなく、鋭い加速をみせる。これはゼロSLRとの共通点であり、評価すべきポイントの一つだ。

鋭く、そして扱いやすい新時代のエアロロードだ Photo: Masami SATOU

 また、持った軽さもさることながら、走っても軽い。緩い上りならクライミングバイクをもしのぐスピードで駆け上がれるほど。コースを問わずオールマイティに活躍できる性能を誇っている。

 気になったのがゼロSLRとの棲み分けだ。フィランテSLRの方がフレームで100gほど重量増だが、その差を体感できるかというとなかなか難しい。だが、数値では軽さ、そしてエアロ性能にどちらもそれぞれ利があるのは確か。ユーザーにとって選択肢があるのは歓迎すべきことだ。体格や脚質に合わせて選んでみてはいかがだろうか。

■ウィリエール「フィランテSLR」

税抜価格:690,000円(グレー/グリーン)、590,000円(レッド、マットブラック/レッド)
サイズ:XS、S、M、L、XL
重量:880g(フレーム)、335g(フォーク)

森光流

日本写真判定の新入社員として、YouTubeチャンネル「サイクリストTV」の企画「サイクルボーイズ」に出演中。社会人チームの「イナーメ信濃山形」に所属し、JBCFのカテゴリーはE1。ロードからトラック、マウンテンバイクレースに至るまで幅広い種目に挑戦中。

松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のタグ

ウィリエール バイクインプレッション

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載