小笠原匠海さんと松尾遊さんフィジークが日本のブランドアンバサダーを決定 2人のサイクリストが製品をPR

  • 一覧

 イタリアのサイクルアクセサリーブランド「fi’zi:k」(フィジーク)が、全世界で展開するアンバサダープログラムの、日本のブランドアンバサダーに、小笠原匠海さんと松尾遊さんの2人を選んだ。サイクリングやレースでの活動を通じてフィジーク製品の魅力をPRする。

日本のフィジークブランドアンバサダーに選ばれた小笠原匠海さん(左)と松尾遊さん 提供:カワシマサイクル

 アンバサダーはフィジークの広報サイクリストとして、同ブランドが展開するレース系の「VENTO」、エンデューロ/サイクリング系の「TEMPO」、グラベル/オフロード系の「TERRA」の3つカテゴリーの製品を使い、ブランドの魅力や製品の良さをサイクリストにアピールする。

 小笠原匠海さんは国内外でのレース経験が豊富なの若手選手。アンバサダー就任以前からフィジークの「R1 Infinito」シューズを愛用し、活躍。レース活動を通じて、主にサドルやシューズなどの情報を発信する。

 松尾遊さんはロードレース、シクロクロス、エンデューロレースなど、マルチに活躍するサラリーマンレーサー。今後はレースシーンや日常のライドを通じて、情報を発信する。

この記事のタグ

カワシマサイクルサプライ フィジーク

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載