【Teamユキヤ通信】パリ〜ニース2021 第2ステージ新城幸也は区間104位ゴール エース8位もチームは機能できず「残念な結果」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 バーレーン・ヴィクトリアスの新城幸也は3月8日、フランスで開催中のUCIワールドツアー「パリ〜ニース」の第2ステージを、トップとタイム差なしの区間104位で完走した。

スタート前チーム紹介の壇上での新城幸也 Photo: Cor Vos

 コースはパリを離れ南下、オワンヴィル=シュル=モンシアンからアミリーまでの188kmで行われた。吹きさらしの農道が続く平坦基調のコースでは、横風区間に加え、フィニッシュに近づくにつれての急な道幅の減少とコーナーが連続するという、最後までを抜けないものとなっていた。

 「今日も中盤まではゆっくりとしたレースだった。何度か追い横風で集団が割れることがあったが、大きな展開には発展しなかった」

 そうレースを振り返った新城。勝負は予想通り集団スプリントに向かうことになる。

横風により、集団が3つに分断する場面も見られた Photo: Cor Vos

 「スプリントでバウハウスのステージ優勝を狙っていたのだが、残り20kmから道が狭くて、ペースも遅く集団の前方を完全に他チームに固められてしまい、我がチームは集団前方をキープできず、チームとして機能できずに、残念な結果となってしまった」

 チームのスプリントエース、フィル・バウハウス(ドイツ)は区間8位とトップ10に食い込んだが、チームの機能としては今一歩のレースになってしまったという。

 「第3ステージは個人タイムトライアルなので、良いリズムで走り、また第4ステージからの厳しいステージに備えたいと思う」

 そう語って前を向く新城。9日に行われる第3ステージの個人タイムトライアルは14.4km。ほぼフラットなコースでの戦いとなる。レースの模様は日本でもJ SPORTSの生中継・配信にて観戦することが可能だ。

この記事のタグ

Team ユキヤ通信 新城幸也

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載