自転車の安全利用促進委員会が調査・分析中高生の都道府県別・自転車通学時の事故件数は前年比で減少傾向に 事故最多は中高ともに群馬県

  • 一覧

 「自転車の安全利用促進委員会」が、全国都道府県別の中学生・高校生の通学時における自転車事故発生件数について、2019年1月から12月までのデータを調査・分析の結果を発表した。人口1万人当たりの通学時の自転車事故発生件数は、中学生・高校生ともに群馬県が最多でワースト1位という結果になった。

中高生1万人あたりの通学時自転車事故数の変化。前年比で減少傾向となった 提供:自転車の安全利用促進委員会

 今回の調査は、公益財団法人交通事故総合分析センターITARDAから提供された2019年1月から12月までの事故データを、自転車の安全利用促進委員会メンバーで、公益財団法人自転車駐車場整備センター自転車総合研究所・所長の古倉宗治氏監修のもと、調査・分析した。調査のうち、都道府県別の中高生の自転車通学時の事故件数は、2016年から毎年継続して行っており、今年で6年目を迎える。

自転車の安全利用促進委員会メンバーで、公益財団法人自転車駐車場整備センター自転車総合研究所・所長の古倉宗治氏 提供:自転車の安全利用促進委員会

 今回調査対象となった2019年度のデータを全体で見ると、通学時の自転車事故件数は、中学生・高校生ともに前年より減少。1万人当たりの事故件数は、2014年からの全国の傾向を見ると、減少幅が大きかった2016年を除き、全体としてゆるやかな減少傾向が見られた。

 都道府県別の中高生、人口1万人当たりの通学時の自転車事故発生件数は、中学生は群馬県、香川県、佐賀県がワースト3。高校生は群馬県、静岡県、宮崎県がワースト3という結果になった。前年に調査・分析した2018年のデータと同じく、中高生ともに群馬県がワースト1で、高校生では6年連続ワースト1になった。

 学年別の事故分析では、中学生・高校生ともに1年生の事故が多い傾向がみられた。高校生は約8割、中学生は約半数の都道府県で、1年生の事故が3学年で最も多くなっている。

中学生の通学時1万人当たり自転車事故ランキング(2019年度)。群馬、香川、佐賀の順で事故が多い 提供:自転車の安全利用促進委員会
高校生の通学時1万人当たり自転車事故ランキング(2019年度)。群馬、静岡、宮崎の順で事故が多い 提供:自転車の安全利用促進委員会

 自転車の安全利用促進委員会は、自転車に関する調査等による注意喚起を行っていくほか、全国の教育委員会や学校と連携した交通安全教室などを通して、安全安心で楽しい自転車生活を送るための啓発活動を行っていくという。

この記事のタグ

セーフティーライド

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載