数カ月かけて実務を移行タイムがフレーム・ペダルの技術や特許などを2社に売却へ 日本代理店はポディウムが継続

  • 一覧

 自転車ブランド・TIME(タイム)を傘下に置く、フランスのロシニョール社は2月17日、ペダル関連の技術・特許をアメリカのスラムに、RTMフレーム関連の技術・特許・製造施設を投資会社のカーディナル・サイクリング・グループに、それぞれ売却したと発表した。なお、日本ではポディウムが取扱いを継続する。

自転車ブランド・タイムを傘下に置く、フランスのロシニョール社が、ペダルとフレーム技術と特許を売却 ©TIME

 タイムは2020年6月にe-BIKEブランドのWhaTTfornow(ワットフォーナウ)社の傘下に移行すると発表されたが、最終的には契約合意に至らなかったようで、ペダルに関する技術・特許をスラム、RTMフレーム関連の技術・特許・製造施設をカーディナル・サイクリング・グループに売却することになった。ロシニョールでは今後、数カ月かけて実務の移行を行うとしている。

 ペダル事業とフレーム事業が別会社に売却されたが、日本においてはこれまでと変わらず、ともにポディウムが取り扱うことになるという。

この記事のタグ

タイム ポディウム

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載