自転車協会スペシャルサイトMTBで存分に遊べる! 全国各地の専用フィールドを50以上紹介

  • 一覧
マウンテンバイクを思い切り走らせられる専用フィールドを紹介

 道なき道を走り自然と一体になれるのが魅力のマウンテンバイク(MTB)は、海外ではロードバイクと肩を並べるほどの人気を誇りますが、日本では思い切り走れる場所が多くなく、もう一つ盛り上がっていないのが現状です。走る場所に悩むマウンテンバイカーのために、自転車協会スペシャルサイト「ENJOY SPORTS BICYCLE」では、全国各地のMTB専用フィールドの紹介を行っています。

 日本の山を走る際に問題となりやすいのは、地権者やハイカーとの関係性。都市部からアクセスの良い山は限られているため、どうしても様々なアクティビティの人が重なりやすくなってしまいます。この点を解決するのがMTB専用のフィールドです。ハイカーなどとのトラブルの心配がなく、コースも爽快さや技術向上が期待できるように作られており、駐車場やシャワー、レンタル機材なども整備されていることが多いので、限られた時間で存分にMTBを楽しむことができます。

専用フィールドは気持ちよく走れるよう整備されたコースが魅力
安全にジャンプを練習できる巨大エアバッグを備えたフィールドも

 MTBフィールド紹介のページでは、全国50以上もの専用フィールドを掲載。各フィールドの紹介ページでは、所在地や営業期間・時間や利用料金といった基本情報から、フィールドタイプやレベル、各種設備の有無までをわかりやすく表示しています。

 このほかにも、いくつかのフィールドでは実際に現地を訪れて利用してみた、実走レポートも掲載しています。フィールドに行ってみてどんなことができるのか、よりはっきりイメージすることができます。

子供も安全に楽しめるコースを備える「トレイルアドベンチャー・よこはま」

 首都圏内では横浜市内にある「トレイルアドベンチャー・よこはま」の詳細記事が先日登場。滑らかな走り心地で、MTBを気持ちよく上下左右にうねらせる“フロートレイル”は、乗り始めの子供やMTB初級者が楽しみながら技術を習得するのに最適です。MTBプロが教える幼児・小学生向けのスクールも開かれており、ファミリーでの利用がおすすめです。

 サイトではこのほかにも、MTBを始める人に役立つ記事を各種掲載。初心者のためのMTB入門や、選び方・買い方入門イベントの楽しみ方や、プロが教える技術あれこれなど、幅広い知識が得られるコンテンツを用意しています。

この記事のタグ

自転車協会

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載