ツール・デ・アルプ=マリティーム・エ・ドゥ・ヴァール2021 第3ステージ逃げ切り決めたブランビッラが総合優勝 中根英登はリタイアもチームから評価

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 フランス南部で開催されていた3日間のステージレース「ツール・デ・アルプ=マリティーム・エ・ドゥ・ヴァール」(UCIヨーロッパツアー2.1)は、現地時間2月21日に行われた第3ステージで閉幕を迎えた。最終日の1級山岳を3つ超える難関コースは、レース前半に逃げグループに入ったジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、トレック・セガフレード)がフィニッシュ前11kmを独走。そのまま逃げ切り、ステージ優勝と個人総合優勝を決めた。日本勢で唯一参戦していた中根英登(EFエデュケーション・NIPPO)はチームメートのアシスト後リタイアし、3日間の戦いを終えている。

ツール・デ・アルプ=マリティーム・エ・ドゥ・ヴァール2021第3ステージを勝利したジャンルーカ・ブランビッラ。個人総合でも優勝を決めた Photo: Luc Claessen/Getty Images

ブランビッラが追い上げかわし逃げ切り 総合も制覇

 伝統的に山岳や丘陵地がコースに組み込まれるタフな短期決戦。最終日は、ブロサスクを発着する134.7kmが設定された。今大会で最もレース距離が短いものの、レース前半・中盤・後半に1カ所ずつ1級山岳の登坂が待ち受ける。なかでも、3つ目に登場するコル・ド・ラ・マドーヌは登坂距離14km、中腹から頂上にかけて7~8%の勾配が続く。これを越えると、フィニッシュまでは約24km。ステージ優勝争い、総合争いともに、この区間をいかにクリアするかがポイントになると考えられた。

 スタート直後からの激しい出入りを経て形成された先頭グループには、前日の第2ステージ終了時点で個人総合4位につけていたルディ・モラール(フランス)と同8位のヴァランタン・マデュアス(フランス)のグルパマ・エフデジ勢、同17位のブランビッラら上位陣がジョイン。トレック・セガフレードはバウケ・モレマ(オランダ)が個人総合で2位、グルパマ・エフデジはダヴィド・ゴデュ(フランス)が同3位につけており、複数選手を上位に送り込んでいるチームが畳みかける形で、個人総合首位のマイケル・ウッズ(カナダ、イスラエル・スタートアップネイション)を牽制した。

 レースが進行するにつれて、この両チームの主導権がより顕著になっていく。3人を前線に送り出したグルパマ・エフデジが中盤以降長時間にわたって先頭グループをコントロール。ブランビッラら2人が入ったトレック・セガフレードも加勢する。

 快調に飛ばす先行メンバーたちは、役目を終えた選手たちを少しずつ切り離しながらリードを保ち続け、最後の1級山岳に入ってさらに活性化。テイオ・ゲイガンハート(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)のアタックをきっかけに人数が絞り込まれる。数回のアタックで先頭に残ったのは、ゲイガンハートのほかブランビッラとマデュアスだけに。さらにブランビッラがペースを上げるとゲイガンハートも苦しくなった。2人逃げの状態が少しの時間続いたが、残り11kmでブランビッラがマデュアスを引き離すと、完全に独走態勢へと移った。

 一方、メイン集団はイスラエル・スタートアップネイションのペースメイクによって、最後の1級山岳の頂上で先頭とは1分差まで迫った。しかし、この上りでウッズがアシストを失うと、前線にチームメートを送り出しているモレマやゴデュらのチェックが厳しくなり、思うようにタイム差を縮めることができない。ウッズ自らブランビッラとのタイムギャップを縮小させたが、最後まで追いつくことはできなかった。

 後続の追い上げをかわしたブランビッラは、そのまま1人でフィニッシュへと到達。13秒後にゲイガンハート、ベン・オコーナー(オーストラリア、AG2R・シトロエン)、モラール、マデュアスが続き、さらに5秒後にウッズらを含んだ実質のメイン集団がなだれ込んだ。

 これにより、ブランビッラは個人総合でもトップに立つことに成功。ウッズを5秒差で退けて、逆転での個人総合優勝を決めた。

個人総合優勝を決めてリーダージャージに袖を通したジャンルーカ・ブランビッラ Photo: Luc Claessen/Getty Images

中根は首脳陣やチームメートからの評価高める

 大会を通じてチームへの貢献度の高かった中根は、最終ステージは完走とはならなかったものの、チームメートのケアに動くなどアシストとしての役割はまっとうした。レース後にTwitterを通じて、「とんでもなく激しかった最終ステージは1度フォローに入っただけでドロップ。今日はもうどうしようもなかったけど、S1、S2と働けたので監督とチームメイトからは労いの言葉を貰えた。それが1番ホッとした。これからまた調子を上げていきます。」をコメント。チーム内での信頼度も高まっている。

この記事のタグ

ロードレース

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載