ロード、ヒルクライムレースで激闘世界中から217人がオンラインで「御嶽山」を快走 木曽おんたけサイクリングワールド2021

  • 一覧

 長野県と岐阜県にまたがる「御嶽山」のバーチャルコースを舞台にした「木曽おんたけサイクリングワールド2021」が2月21日、サイクリングアプリ「Rouby(ルービー)」上で開催され、合計217人がVR(仮想現実)空間を快走した。ロードレースの優勝はHonda Ryusuke選手(F(t)KirinzanRacing)が、ヒルクライムは森田晃正選手が制した。

ヒルクライムの部で力走する“山の神”こと森本誠選手(GOKISO) Phot: Shusaku MATSUO

 同大会はコロナ禍でイベント開催が控えられるなか、木曽おんたけ(長野県木曽町、王滝村)エリアの美しい風景や豊かな自然を楽しめるようにと、木曽おんたけ観光局が主催したもの。オンラインで自宅からでも出場できる手軽さから、国内外からのエントリーがあった。

アプリ「ルービー」を使ったオンライン形式のイベントとして実施。YouTube上でライブ放送も行われた Phot: Shusaku MATSUO

 ロードレースは御岳湖沿いの18kmを走るコースを採用。序盤から強豪らによる逃げグループが生まれ、、先頭が入れ替わる積極的な展開となったが、最終局面で抜け出したHonda選手が優勝した。

 ヒルクライムは御嶽山の「おんたけ2240スキー場」を目指す11kmのコースで争われた。スタート直後は大会ゲストの佐藤宇志選手(那須ブラーゼン)がトップを走るも、後半にかけて伸びず。一方、森田選手は勢いを増し、後続に約1分30秒の大差をつけてトップでフィニッシュした。

 イベントの詳報は後ほど掲載します。

■ロードレースの部リザルト(速報)

1 Ryusuke Honda (F(t)KirinzanRacing )27分36秒2
2 Asahi Miyazu(PAXPROJECT) +7秒
3 Takeshi Tomita +10秒
4 Tomoaki Takasugi(イナーメ信濃山形) +12秒
5 Masato Hatanaka +16秒

■ヒルクライムの部リザルト(速報)

1 森田晃正 26分16秒
2 寺澤アンドリュー(Team Eurasia- iRC TIRE)+1分24秒
3 Ryo Umetsu +1分56秒
4 Ryusuke Honda(F(t)KirinzanRacing)+2分16秒
5 Asahi Miyazu(PAXPROJECT)+2分40秒

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載