サイクリスト弁護士が教えます自転車のための交通ルールを解説 こんな時ってどうすればいいの?

  • 一覧
自転車レーンに路駐車両がある…どうする?

 近年、自転車の無法運転がたびたびニュースになり、社会での関心が高まっています。試験や免許もなく乗り始められる自転車は手軽で便利ですが、一方でルールやマナーを知らないまま乗っている人も少なくないのではないでしょうか。そんな人に役立つ、法律の観点から自転車のルールを解説するコラムが、自転車協会スペシャルサイト「ENJOY SPORTS BICYCLE」にて連載中です。

 連載コラム名はずばり「こんなときどうする? 自転車通勤の正しい交通マナー」。現役弁護士のサイクリストが、法律の専門家として関連法の条文を引用しながら、さまざまな場面においてどのようにルールが定められているか、また、ルールをどのように解釈するかといったことを丁寧に解説しています。

道路上の自転車の走行空間もさまざまな種類があります

 これまでに登場したシチュエーションは「自転車専用レーンに駐車車両があるとき、自転車はどこを走行すればいいの?」「路面標示の意味と自転車の走り方」といった内容。いずれも最近増えてきた自転車レーンに関する記事です。自転車のための走行空間の整備が進んでいますが、法的位置付けはさまざまなので、それを知った上で走るとより安全・快適に走行できるでしょう。

 ルール・マナーに関するコラムは他にも「クイズで知る自転車の正しいルール」「弁護士に聞く、自転車のルールの素朴な疑問」「道路を走るコツ」などを用意。ルールやマナーには“うまく走る”ためのノウハウが詰まっているもの。ぜひ参考にしてみてください。

車道を安全に走るための「コツ」を解説
苦しいけど楽しい!ヒルクライムに挑戦しよう! Photo: Kairi ISHIKAWA

 サイトではスポーツ用自転車を楽しむための幅広い情報を毎週更新中です。自転車通勤講座ヒルクライム講座ロードバイクで100km走破する方法、全国のサイクリングコース案内や、マウンテンバイク入門など、初心者はもちろん中上級者にも役立つ・楽しめる内容のコンテンツを多数掲載しています。

この記事のタグ

自転車協会

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載