title banner

山田美緒の「旅する満点バイク」<5>マンゴーやパパイヤは友情の味 衝撃的な手術と温かい看病を経験したマラウイの10日間

  • 一覧

 アフリカに行くと言うと、たいていの人からは「治安が悪いので女の子が1人で旅をするなんて危ない」と心配されます。しかし私は、2004年のアフリカ8カ国5,000kmの旅の間、誰かに何か悪いことをされたということはひとつもありませんでした(ヘアスタイルは坊主だったので男と間違えられていましたが!)。

 私は、「誰とでも友達になる」ということが自分の身を守ったのだと思っています。世界最強の“武器”は友情。「くさい!」と思われるかもしれませんが、実際、自分の仲のいい友達に悪いことをしてやろうとか、懲らしめてやろうとは誰も考えません。世界中どこでも、どんな民族でも友達は友達、これは世界共通なのではないでしょうか。

 逆に、相手を傷つけるための武器を持っているということは、相手を疑う気持ちがあるということになります。私は、何ひとつ武器を携帯していませんでした。そのおかげと運もあって、トラブルはほとんどなかったのですが、病気にはかかってしまいました。

待合廊下に響いていた泣き叫ぶ赤ちゃんの声待合廊下に響いていた泣き叫ぶ赤ちゃんの声

 アフリカ自転車旅の3カ国目、マラウイでのこと。左足の薬指と小指の付け根のあたりがズキズキ痛むなぁと思っていたら、みるみる腫れ上がり、夜も眠れないほど悪化してしまいました。

 これはいけないと、ムズズという町で病院に行くことにしました。真っ白な白衣を着た若いドクターに症状を説明すると、足に手を当て一言、「PUSを出さないといけない」。

 「PUSってなんだろう?」と思って辞書で調べていると、ドクターが包み紙からカッターナイフの先っちょのような刃物を出しているではありませんか。その時、私は看護師さん2人に羽交い絞めにされ、突然手術が始まったのです!

麻酔なしで始まった手術。ナイフとハサミを使ってたまった膿を出す麻酔なしで始まった手術。ナイフとハサミを使ってたまった膿を出す

 小指と薬指の付け根の間にメスを入れると、ドボドボと膿が溢れ出ました。もちろん麻酔なんて無し。驚きとあまりの痛さに「うわぁぁぁー!!」と大声で叫んでしまいました。処置が終わるとお尻に注射を打ち、脚は包帯でぐるぐる巻きに。包帯を毎日交換しに来るよう告げられ、しばらくはこの町で休養することになりました。

 さすがの私もこの時ばかりは落ち込み、部屋でめそめそ泣いていました。

 そんな時に、宿で働いていた15歳くらいの男の子マブトが毎日シーツを交換し、服や靴を洗い、話し相手をしてくれながら一生懸命看病をしてくれたのです。彼は、月給1000円程度だったにもかかわらず、朝ごはんのために40円もする牛乳や、マンゴーやパパイヤなどの果物を持ってきてくれました。

洗濯など身の回りの世話と看病をしてくれたマブト洗濯など身の回りの世話と看病をしてくれたマブト
にこやかに私の脚を治療中のドクターにこやかに私の脚を治療中のドクター

 マブトのほかにも、近所の人が毎日晩ごはんに招いてくれたり、入れ替わり立ち代りお見舞いに来てくれたり、ドクターまでも笑顔で励ましてくれました。そうしているうちに、いつの間にかこんな怪我はどうってことないと思えるようになっていました。

 結局、10日間ムズズで療養し、再びペダルを漕ぎ出すことができました。また自転車で旅が続けられるとわかった時は、とても嬉しかったことを覚えています。

 最初はつらかったあの怪我は、私へのメッセージだったのではないかと思います。アフリカにあって無事に旅ができていることは、本当はとてもありがたいことなのに、私はそれまでそのことに気づいていなかった。「もっと楽しめ、もっと感謝をしろ!」とあの怪我は私に教えてくれていたのです。

 現在は、荒治療に見えたあの手術によって傷跡がすっかりなくなっていますが、今でもマンゴーやパパイヤを見るとあの時のことを思い出します。

文・写真・イラスト 山田美緒

山田美緒山田美緒(やまだ・みお)
大阪府生まれ。サイクリストとして世界中を旅してきたほか、一般社団法人コグウェイを設立し、「四国ディスカバリーライド」などを主催。著書に、アフリカ大陸縦断記をまとめた『マンゴーと丸坊主』、女性サイクリストたちとの旅や交流の体験記『満点バイク』がある。ブログURL(http://mantem.exblog.jp/)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツーリング 山田美緒 旅する満点バイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載